« 静寂の一夜 @ 行人舎 飛騨高山 施設編 | トップページ | 静寂の一夜 @ 行人舎 飛騨高山 お風呂編 »

静寂の一夜 @ 行人舎 飛騨高山 食事編

2014. 2. 1- 2

‘行人舎’さんでの食事は、廊下を挟んで向かいのお部屋にて。

Img_0265

宿食というよりは、質の良い食材を使って丁寧に調理された家庭料理といった感じが好ましい。


Img_0266

お茄子の後ろに隠れているのは、しょうがの佃煮、これが美味しい前泊のお宿の朝食にも登場していました。やっぱり冷え込みの厳しい地方でなら、更に大活躍の食材ですね。


Img_0267

フキや


Img_0268

煮た小芋のあんかけも、身体に嬉しい優しい味付け


Img_0269

夕餉のお伴には、‘飛騨ほまれ’を使った地酒‘翠翔’をお願いしてみました。口当たりの良いまろやかなお味で、町中で試飲した新酒とは全く異なるイメージのお酒でした。


Img_0271

たぬき茶そば


Img_0272

鮭の黒胡麻焼き


Img_0273

人気の飛騨牛はネギ、きのことともに朴葉味噌でいただきます。


Img_0274

白いご飯とともに出されたお吸いもの。どれも美味しくいただきました。


Img_0285

朝食にも朴葉味噌は欠かせません。少しずつ小皿に盛られたおかずは、やっぱりどれも丁寧に料理されていて満足感大。私がカメラを取りに部屋に戻ったりしている間に相棒さんがよそってくれたご飯が.....


Img_0287

あらっ、ここにもお食事部屋の和箪笥の上にも部屋と同じ兎さんが朝のごあいさつ。

|

« 静寂の一夜 @ 行人舎 飛騨高山 施設編 | トップページ | 静寂の一夜 @ 行人舎 飛騨高山 お風呂編 »

泊まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静寂の一夜 @ 行人舎 飛騨高山 食事編:

« 静寂の一夜 @ 行人舎 飛騨高山 施設編 | トップページ | 静寂の一夜 @ 行人舎 飛騨高山 お風呂編 »