« 冷えるなぁ.....って思ったら! | トップページ | Tea Time @ 彩菓 なな草 飛騨高山 »

新酒めぐり @ 飛騨高山

2014. 1.31

話が飛んでしまいました。飛騨高山に出かけたときのお話の続きです。気候、水、米の3条件に恵まれた高山では、良質で独特な地酒がつくられているそうですが、新酒が出まわり始めるこの季節に合わせて‘地酒めぐり’と題して、2月27日(木)まで、6軒の酒蔵が交代で蔵を公開しているようです。

Dsc_0024 たまたま一番最初におじゃました船坂酒造さん、ちょうど酒蔵を公開中でした。


Dsc_0019 玄米の外側を削って雑味の元となるタンパク質等を取り除いた後のお米。写真ではわかりにくいかも知れませんが、かなり小粒になっています。確か、元の60%くらいとおっしゃていたような.....。酒質が決まる大切な作業なのだそうです。


Dsc_0025 お向かいにも酒蔵、こちらは原田酒造さん。


Dsc_0029 川尻酒造さんの酒蔵にて


 

Img_0023

3種類のお酒を試飲させていただきました。お酒のことはよくわかりませんが、飲み比べてみると違いがわかって興味深いです。でも、もうかなりふらふら.....。


Dsc_0044

他にも平田酒造さんや


Dsc_0037 二木酒造さん。それぞれの造り酒屋が、高山の古い町並みにしっとりと溶け込んでいました。地図をもたずにランダムに歩きまわっても見つけられる酒蔵、そのすべてで、有料ですが、新酒の試飲ができます。酒好きにはたまらないでしょう~ 私は単なる付き添いですが.....。
一つの場所でいろいろな酒蔵のお酒を試飲できるところもあるようですが、せっかくだったら、酒蔵の雰囲気を味わってみたいですね。


 

Dsc_0026

目印はこれ‘酒林(さかばやし)’、‘杉玉(すぎたま)’とも呼ばれるようです。杉の葉を集めてボール状にしたもの。


Img_0018造り酒屋の軒先に、こんな風に吊るされています。この酒林が緑色のときには、新酒ができたことを知らせ、その色が枯れて茶色がかってくると、新酒の熟成具合を示しているのだとか。


Img_0332 相棒さんが迷いながら買い、重いとブツブツ言いながら持ち帰った2本。どちらも試飲なしのいきなり買い さて、お味は.....?


|

« 冷えるなぁ.....って思ったら! | トップページ | Tea Time @ 彩菓 なな草 飛騨高山 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新酒めぐり @ 飛騨高山:

« 冷えるなぁ.....って思ったら! | トップページ | Tea Time @ 彩菓 なな草 飛騨高山 »