« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

思いがけずのプレゼント

2013.12.25

忘年会の席で、思いがけず、N先生から全員に酒器のプレゼント 先生の手づくりで、すべて異なったデザインのもの。
Img_3172 相棒さんがいただいたのは、右のお抹茶茶碗のミニチュアのような酒器。私がいただいたのは左。自然のものを使って青の釉を出すのはなかなか難しいのだそうです。形も上品で素敵です。


Img_3176 一つ一つの作品に丁寧な説明が添えられていました。美しい文字は奥さまによるもの。


Img_3178 この角度からの方が、青が際立っています。


Img_3175 そしてこの紅色の土これは有田地方のもので既に流通はしておらず、先生の窯にあるものが最後なのだそうです。そんな貴重な品を本当に私たちがいただいてよいのだろうか.....
先生の温かい人柄が伝わってくるような美しい酒器、末永く大切に使わせていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年忘れ~ 2013

2013.12.25

クリスマスのこの日、忘年会は博多駅近くの‘つくし’さんで。
Img_3157 まずはビールでカンパイ 前菜はどれも美味


Img_3158 でも、ここのお店の名物?はこちら、からすみだそうで.....。大根のスライスにサンドしていただきます。酒飲みさんたち曰く、日本酒には最高~なのだとか。

Img_3168 大将が、仕込中のからすみを見せて下さいました。でかっ からすみと言えば長崎だそうで、大将は島原のご出身なのだとか.....。


Img_3160 ふぐ刺しもプリップリッ


Img_3165

ひれ酒も登場~ 表面に浮かぶひれと青い炎、見えますか~?着火時は、15cmくらいの高さの炎が酒器の上でくねり踊ります。動画は、そのうちアップ.....できるかな?


Img_3164 柚子皮がたくさん入った茶わん蒸しの中にはピューレ状の梅が.....これが意外と合うんです。びっくり


Img_3166 お酒のあまり飲めない私のため?に、Mちゃんが用意してくれていた、福岡は久留米の山口酒造さんの梅酒‘うぐいす’。とろ~りとした口当たりで、梅味のネクターをいただいているような感じなんですが、味はさっぱりしてるんです。美味しい~ こんな梅酒、初めていただきました。でも.....調子に乗って飲んでいると、アルコール12%ですからね....やばいですよ.

Img_3167 だんだん写真が怪しくなってきました..... 何か他にも登場していたような..... こちらはアラ鍋。卵雑炊にしていただくと、めちゃうま~。


Img_3170 相棒さん絶賛の鯖寿司鯖も大ぶりで、結構食べ応えがありました。身とすし飯の間に大葉がサンドされていて、香りよくさっぱりと。
久々の夜の街で、がっつり食べて飲んだクリスマス忘年会でした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス 2013

2013.12.25

用事があって博多へ。博多も久しぶりだけど、夜の外出も随分と久しぶり。

Img_3144

待ち合わせまで少し時間があったので、博多口のイルミネーション見物へ。


Img_3148

こんなクリスマスツリー、去年あったかなぁ.....?


Img_3152

ツリーは刻々と色を変え.....


Img_3153

人気のイルミネーション・スポットのようで、結構な人出。韓国語も多く聞こえてきました。


Img_3155

皆さま、どうぞすてきなクリスマスを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wishing You All.....

A Merry Christmas この時季らしく、寒い日が続いていますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

ただ今、フィギュアスケートにど~っぷりの私 全日本選手権も終わり、来年ソチオリンピックに出場する選手も決まりましたね。それにしても、今年のフィギュアは本当にすごいどの選手もオリンピックを見据えてすばらしいプログラムを用意しているので、ものすごく見応えがあります。個人的には鈴木明子さんのプログラムが好きで、彼女の演技が終わるとほとんど号泣状態.....。おばさんは涙もろくていけません..... 彼女は出ていませんでしたが、羽生選手や浅田選手が出場したグランプリファイナルがせっかく福岡で開催されたのに、生で見るチャンスを逃してしまったのが返す返すも残念でなりません。私の周囲にはフィギュアに興味のある人がほとんどいないので、あんなにあっという間にチケットが売り切れてしまうものだとは思ってもいませんでした.....失敗、失敗
さて、今年のクリスマスプレゼント?は、町田樹選手のショートで流れる美しいこの曲です。ナレーションが入ってしまっていますが、彼のすばらしいパフォーマンスとともに.....という方はこちらでどうぞ。

Img_2917クリスマスも、お正月も吹っ飛んで行っちゃいそうな雰囲気の我が家ですが、その前に、ちょっとだけ逃亡.....してきました。詳細は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ ハマのフレンチ 姪浜 再訪

2013.12.19

夜は雪になるかもしれないという予報が出された福岡。吹き付ける寒風に心折れそうになる中、姪浜の‘ハマのフレンチ’さんへ出かけてきました。
Img_2907 前回同様、Aランチを注文。‘ハマのフレンチ’さんは結構ボリュームがあるので、Aランチでもお腹いっぱいになっちゃうんですよね。
前菜は、自家製スモークサーモン。たっぷりのお野菜が嬉しい。


Img_2908 温められたバケットは、外はカリッと、中はふんわり。


Img_2910 説明がなければ、蕪?って思っちゃうくらい、優しい味のスープは、セロリとカリフラワーでつくられたもの。黒コショウがピリッと効いています。


Img_2912 今日のメインはお魚をチョイス。真鯛のポワレです。皮目はパリッと香ばしく、身はふっくらジューシー。真鯛の下になっていてわかりにくいのですが、しいたけ、蕪、ブロッコリー、菜の花等のお野菜がとっても美味


Img_2914 デザートは、パウンドケーキ、ティラミス、そして牛乳のアイスクリーム←これがめちゃうま寒い日なのに、美味しいね、美味しいねとあっと言う間に平らげてしまいました。飲みものは、コーヒーかエスプレッソがついてきます。
私たちは先週予約を入れての訪問でしたが、今日も満席、しかも全員女性客.....。とても感じのよいご夫婦がやっていらっしゃる小さなお店は相変わらず人気の高いお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真相はいかに.....?

今年、人口150万人を突破した福岡。政令指定都市では6番目の規模なのだとか。総人口においては、首位横浜や2位の大阪と大きな開きがあるものの、人口増加率はかなりの高水準。そんな背景もあって、近所でもちょっとしたマンションの建設ラッシュ.....なのですが.....。

Img_2825_2

以前から居住されている方々にとっては、日照権等のこともあり、問題は切実


Img_2823

横断幕から伝わる住民の皆さんの怒りは、これまで目撃した中でもかなりのインパクトがあります。


Img_2826

福岡で不動産購入を考えている友人、これらの横断幕やのぼりが気になって、不動産会社に問い合わせてみたところ.....‘ああ、あれは福岡では慣例でして、あれだけ反対運動が行われていても、一旦マンションが完成したら、全部なくなりますよ。ご心配無用です。’との回答だったそうで.....。ほんとかなぁ.....?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ ル・コルヴェール 高宮

2013.12.15

Img_2903 久しぶりに高宮のフレンチ、‘ル・コルヴェール’へ出かけてきました。


Img_2886 以前はお箸は出なかったように思うのですが.....個人的には嬉しいサービス


Img_2888 まずは、前菜の盛り合わせが登場。
鶏肉のパプリカマヨネーズ、ブロッコリーのムース、レンズ豆とホタテのサラダ、里芋としめじのサクレ カレー風味、生ハムとクリームチーズのディップ、糸島豚のリエットのシュー、そしてスモークサーモン。異なる味と食感を少しずつ楽しめる、お得な感じの前菜です


Img_2891 このスープの前には、グリーンサラダ。ドレッシング(シーザー風?)が美味しくて、サニーレタスのシンプルなサラダながら満足感高し。これまた写真を撮り忘れちゃいましたが、丸っこいパンもいい感じで温められていて、ふんわりもっちりと私たち好みでした。
さて、こちらは旬の蕪のスープ。トリュフ風味だそうで、優しいお味でした。


Img_2893 メインのお魚はイトヨリのポワレ。皮はパリッと香ばしく、中はふっくら、絶妙の焼き加減オマールエビを使った濃厚なソースが、これまた美味~下のほうれん草のソテーは甘みが強く感じられました。


Img_2894 メインのお肉料理。相棒さんチョイスは、仔羊の背肉のロースト。仔羊らしい味がする.....焼き加減とともに大満足のご様子.....


Img_2897 マイ・メインは、豚肉と仔羊のロールキャベツ。優しいお味にしっかり味のソースがマッチングトッピングされている数種類のきのこは、炒め具合がグッドで、食感、味ともに楽しめました。ソースの中にはジャガイモのピューレ?らしきものも.....。ソースの味をマイルドに。


Img_2898 デザートのお伴は、コーヒーか紅茶の選択。同じシリーズのカップ&ソーサーですが、コーヒーカップは背高のっぽであまり見慣れない形.....おもしろいですね。
ちなみに、店名の‘ル・コルヴェール’は、青首鴨のことだそうです。


Img_2899 デザートは、これまた旬のみかんのジュレ on パンナコッタ。パンナコッタの中には米粒が入っていて、大好きなパンナコッタとともに、おもしろい食感を楽しむことができました。
お料理の出てくるタイミングもすばらしく、リーズナブルで美味しい、お気に入りのお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の散歩道 @ 福岡城址

2013.12. 8

美しい青空の下、福岡城址周辺を散策してきました。出合った風景の数々.....。

Pc081767

好き~と言っているかどうかはわかりませんが..... 石垣に寄り添う木


Img_2834

メタセコイヤの紅葉はブロンズカラー。お城には意外なイメージの木だけど.....おもしろい


Pc081775

何の木かな.....? オリーブのような実がたくさん。


Img_2838 こちらの低木には不思議な綿毛状の実.....?実りの秋とは言うけれど、不思議なものがいっぱい


Pc081779石垣に描かれた蔓からのメッセージ.....読み解けるかな?


Img_2848 静寂なる石畳の道


Img_2849 石垣と、大木と、青空と.....。


Pc081781

鉄御門跡(くろがねごもんあと)。中南米の遺跡に見えなくないこともない.....かな?


Pc081784 本丸の向こうに福岡の街.....天守台からの眺め


Img_0502 黒田如水の隠居地である三ノ丸御鷹屋敷跡には、今日一番のべっぴんモミジ


Img_0503

奥まった場所にひっそりと


Img_2867

その黄金の葉っぱを輝かせて.....。
そう言えば、来年のNHK大河ドラマは‘黒田官兵衛’が主人公ですね......。ちょっと楽しみ


Img_2868

水面に映る大手門のシルエットと青い空


Img_2871

緑の絨毯のうえに銀杏の葉っぱ模様


Img_2873

石垣にモミジ


Img_2882

水中からも柔らかな光を放つ晩秋の太陽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南公園西展望台より福岡街風景

2013.12. 8

Pc081754 福岡市動植物園のある南公園。散歩途中に、桜坂山の手通りを挟んで、動植物園とは反対側に展望台があることを発見公園の最西部にある‘西展望台’からは福岡の市街地が一望できます。目立つのは、やはり福岡タワーとヤフオクドーム。そして博多湾に浮かぶ能古島(左)と志賀島かな。


Img_2829

高さ234mの福岡タワー、ズームしてみました。いつか行ってみようと話しながら、まだ機会のない観光名所.....。あそこからの展望もきっとすばらしいはず.....。


Pc081758 北側にどーんと見える油山。私たちが展望台を訪れたとき、いらしたのは年配の男性お一人のみ。でも、駐車場には車がずら~り


Pc081757 理由は.....通りの左側のこんもりとした丘陵地にある動物園。平成18年から20年計画で段階的にリニューアルを進めているのですが、その評判が大変よろしいようで、この日も隣接する駐車場は満車でした。で、この展望台のところに駐車場があることをご存じの皆さんがこちらを利用されているということのようです。
西展望台は、福岡の有名な夜景スポットでもあるようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 点心楼 台北 平尾

2013.12. 7

Img_2820 散歩途中、高宮通りで偶然見つけたお店、‘点心楼 台北’。中華もたまにはいいね、と入店。
店内は結構広いです。宴会での利用が多いのか、タバコNGの私には、ちょっと臭いが気になります.....


Img_2816 相棒さんは特製ちゃんぽん


Img_2818 私は坦々麺で軽く済ませるつもりが.....


Img_2817 セットメニューだったとは.....かぼちゃコロッケにサラダ、ごはんにザーサイ、杏仁豆腐のデザートまでついて680円すばらしいコストパフォーマンスです。
お味の方は、最初、塩味が足りないかな.....?と感じていたのですが、食べているうちに慣れてきたようでまずます。


Img_2819 別注の大根もちも、食べ慣れたもっちり食感とは少し異なり、ねっとりとした感じ。でも美味しかったです。


Img_2821 帰りは山荘公園経由で。園内には、高杉晋作をはじめとする勤王の志士たちを庇護した、野村望東尼(ぼうとうに)が住んでいたとされる山荘があります。


Img_2814 去年もすばらしい紅葉のグラデーションを見せてくれた、社宅敷地内の紅葉葉風(モミジバフウ)。3本のうち2本は既に落葉、最後の1本の木の下には


Img_2815

たくさんの色鮮やかな落ち葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の登場.....

我が家ではもう長いことレンジ台のお飾りになっていた炊飯器。10数年ぶりの出番~
Img_2798 機能してくれるかどうか不安でしたが、問題なし。炊き立ては、お赤飯のように見えますが.....。


Img_2813実はこれ、3日間放置.....いえ、保温し続けて完成した‘玄米酵素ごはん’なるものです。水分が抜けて、色も濃くなっています。
この酵素を活性化させた‘玄米酵素ごはん’、以前から気にはなっていたのですが、何だか面倒で.....今回が初トライつくってみたら、全然面倒じゃない。炊いた後は、一日1回天地がえしするだけ。つくり方は、こちら。一般的に、酵素は熱が入ると変性してしまうのですが、玄米酵素は熱に強いので炊飯しても大丈夫なんだそうです。
いただいてみての感想は、見た目パラパラした感じなのですが、噛むともちもち感が出てきてとても美味しいです。香ばしいお赤飯.....といった感じでしょうか。梅干にとても合うように感じるのは私だけかな?食べない宣言をしていた相棒さんも、今は普通の玄米よりもこちらを好んで食しています。デトックスにもよいそうで、期待∞
難点は、完成に3日かかってしまうこと。炊飯器が一つしかないので、コンスタントには食べられないんですよね.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな週末

2013.12. 1

2013年も残すところあと1ヶ月、早いものですね.....。
この週末は家に籠って静かに過ごしていたのですが、ちょっとは身体を動かさないとということで、日曜日の夕方近くになって、普段なら車で行くスーパー方向に、アップダウンの坂道のある住宅街の中を通って歩いて行ってみました。
Img_2802 家のすぐ傍の公園の紅葉も雨に随分落とされてしまったようです。


Img_2803 桜の芽は既に顔を出していて、春の開花に向けて、冬の寒さに静かに耐えている様子.....


Img_2806 道路側に枝が少しはみ出た個人宅のモミジなんですが、このモミジは本当に美しくて、この場所を通る度に、思わず見上げてしまいます。


Img_2808 どっぷりと日暮れた帰り道.....と言っても、18時半頃なんですが.....相棒さんの希望で‘グリル千’さんへ。奥の小さな座敷席に案内していただけましたが、テーブル席はほぼ満席。週末の夜に伺うなら、予約をしておいた方がよさそうです。
相棒さんは前回と同じ、白身魚のフライとハンバーグの盛り合わせを注文。


Img_2810 私は特製ハンバーグステーキにしてみました。中に粗みじん切りの玉ねぎがたっぷり入っていて美味しかったです。
‘グリル千’さんでは、輸入肉や冷凍肉は一切使用していないそうです。しっかりとしたお肉系が食べたいな.....と思ったら、まず頭に浮かんでくるお店です。


Img_2812 テーブルの上には、リトル・サンタ そろそろクリスマス・デコレーションかなぁ.....年々おざなりになってきているけれど.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プルーンピューレ

先日TVで紹介されていた‘プルーンピューレ’。何でも、パンを焼くときにバターの代わりに使えるそうで、低脂肪でありながら、食物繊維・鉄分・カルシウムが豊富に摂取できるということで話題になっているようです。
Img_2786 で、早速、つくってみましたっなんて、実は大げさに宣言しちゃうほどのものではありませんが..... レシピはこちら


Img_2787 そして、バターの代わりにプルーンピューレを使ってパンを焼いてみました。パンケースにこびり付くことがあるかも.....という記載があったので、少しだけオリーブオイルを+.....。膨らみはイマイチで血色もよくありませんが、今回小麦粉を変えてみたので、そのせいもあるのかも知れません。それでも、ノン・バターでパンが焼けちゃうなんて.....びっくり~いつもよりずっしり重い感じがします。


Img_2790 カットしてみると、空気穴がぶつぶつの不細工パン.....。でも、もっちりしていて、食べ応えはあります。これまでは、もっちり食感を出すのと、少し腹もちをよくするために、小麦粉に上新粉を少量混ぜて焼いていたのですが、もっちり感はそれよりも強い感じです。でも....やっぱりバター風味の濃厚さが欲しくてだから痩せないんだな.....、この後に焼いたパンには、バター、プルーンピューレ半分ずつでつくってみました。するとふっくら&もちもちと私好みのパンが焼けました~ しばらく、これでパンづくりをしてみようと思います。
ホームベーカリーの取説には、‘材料の分量は必ず守って下さい。’と記載されているけれど、適当に我流でやってみても、パンってできるもんなんですね。HBの寿命に影響したりするのかなぁ.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何とか間に合った.....?

冷え込みが厳しくなってきた今日この頃、先週の木曜日には福岡市内でも初雪が観測されたようです。

Img_2783 先日、ネット注文しておいたこたつ布団が届きました。お店も何軒かまわってみたのですが、予算とそこそこの質に見合うものが見つからず、結局ネットでゲット昔は店舗での取り扱いももっと多かったように記憶しているのですが、生活が洋式化してこたつ離れが進んでいるのかな.....?それでも、省スペース用のものや、テーブル用、薄掛け等、形式的なバリエーションは増えてきてるように感じました。相棒さんがそのままこたつで眠ってしまうということがよくあるので、我が家は昔ながらの厚掛け布団でなければNG
Img_2784オンシーズンということでお安くとはいかず、色も想像していたものよりもダークで地味でしたが、軽くてふんわりと暖かい、まずまずのお布団がゲットできたんじゃないかなと思っています。我が家では暖房の主力であるこたつですが、そろそろこたつ本体も買い替え時かなぁ.....。引越しの度に、傷つき、ぼろぼろになっていく家具を見るのは転勤族の辛いところ.....
皆さまも、どうぞ暖かくしてお過ごし下さい~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の彩り @ 金立山

2013.11.24

金立山で出合った秋の色.....。色とりどりの自然が目を楽しませ、心にときめきを与えてくれました

Img_2699


Img_3058

何の実かな.....?


Img_3068


Img_3069


Imgp3037

って思っていたけど、こんな青空が広がっていた時間もあったんですね.....。


Img_2715

木陰の道、陽を吸い込んだ葉っぱが眩しい.....。


Img_2725


Imgp3075



Img_2752

青葉の森の向こうに霞む赤い森。


Img_2757

紅色の大きな傘の下で


Imgp3103遠目には赤一色に見えたこの木も


Imgp3102よく見ると、微妙に異なった色が交じり合って


Img_2763一つの芸術作品をつくり上げている.....。


Imgp3099

あ~、紅に圧倒されてしまう


Imgp3106

Speechless.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金立山(きんりゅうざん)へ

2013.11.24

Imgp3122 日本各地に残る徐福伝説.....佐賀の金立山もそのうちの一つ。秦の始皇帝に不老不死の霊薬を探してくるようにと命じられた徐福が、その目的を果たすために入山したのがこの金立山なのだそうです。
標高501.8mほどのこの山には、登山ルートがいくつかあるようですが、予備知識もないまま出発、結果的に丸山尾根→南尾根→正現社ルート→上宮→山頂→観音沢ルートと歩いてきました~


Img_2706 低山ながら、なかなか歩き応えのある山です。


Img_2708

重い身体を引きずりつつ.....は私も同じ


Img_3082 正現社ルートに入ってしばらく、正現の滝が見えてきました。このルートは、せせらぎの音が耳に心地よい道。


Img_3086 滝の先には弁財天


Img_2711 そして、この急な石段を登ると


Img_3088 金立神社上宮です。
860年(平安時代)に従五位下を授けられたことが正史に明記されている由緒ある社で、鎌倉時代には社領十町を保有、江戸時代には雨乞いに霊験のある神として、佐賀藩主をはじめ広く人々に崇拝されたそうです。祭神は、保食神(うけもちのかみ)、罔象売女命(みずほめのみこと)、徐福の三神。
木の鳥居はできてまだ1ヶ月ほどの新しいものだそうです。ボランティアたぶん.....で境内を掃除していた男性の方が教えて下さいました。


Img_3090 狛犬もなかなかよい味を出しています。ポーズがかわいい.....なんて言ったら不謹慎かな?


Img_3094


Img_2717 上宮の奥には巨石や桧の御神木があり、自然のものを神のよりどころとして崇拝していた古いまつりの名残を今にとどめているようです。


Img_3105 上宮から少し上がったところには奥の院へと続く、小さな鳥居。腰を低~くして通り抜けます。


Img_3106 奥の院が祀られているこの場所が金立山の山頂それほど広くない山頂は2つの団体さんでいっぱい、早々に下山。


Imgp3054 下山路の観音沢ルートにて出合った吹上観音。比較的新しく彫られているように見えますが.....穏やかなよい御顔をされています。


Imgp3061 登山道沿いの岩には、何やらきらきらしたものが.....石英?それとも雲母?


Imgp3085 木と一体化してしまっている看板にびっくりどれくらいの年月が経っているのでしょうね.....?


Imgp3120 かなり下ってきました。佐賀平野の眺めは、相変わらずPM2.5のベールに覆われて.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »