« Tea Time @ ネオクラシッククローバー | トップページ | Lunch @ 遊鶏(ゆうとり) 黒木 »

堤防道路、走ってみた

2013.10.27

Img_2791 道路の右側に見えてきたこの建造物、何だと思います?実はこれ、排水門なんです。


Img_2795 そしてこの道は、諫早湾干拓事業で構築された潮受堤防上につくられた道路。


Img_2434 諫早市高来(たかき)町と島原半島、雲仙市吾妻(あづま)町を最短で結ぶ全長7kmの‘雲仙多良シーライン’。歩道橋の上から南方向の眺めには、雲仙岳


Img_2807その雲仙岳は平成新山のピークを思い切りズームしてみました~


Img_2435そしてこちらは北方向。長崎と佐賀の県境にある、なだらかな山容の多良岳が左寄りに見えています。すかっとした気持ちのよい風景です。


Img_2442 諫早湾は干満の差が大きく、満潮時には潮位が2.5mまで上昇するため、潮受堤防を閉め切る前には、低平な周辺の農地や宅地では、大雨時に湛水被害や高潮による被害がしばしば発生していたようです。標高2.5m以下の農地約2700ha、宅地等が約800戸、うち標高0m以下の農地は約600haほど。潮受堤防を閉め切って以降、調整池の水位を海面より平均1m低く維持できるようになり、湛水被害は抜本的に改善されているそうです。
写真は干拓地方向を撮影したもの。向こうにも小さな堤防のようなものが見えてますね。干拓地の向こうには諫早の市街が広がっています。海面がきらきら午後の光に輝いています。

|

« Tea Time @ ネオクラシッククローバー | トップページ | Lunch @ 遊鶏(ゆうとり) 黒木 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堤防道路、走ってみた:

« Tea Time @ ネオクラシッククローバー | トップページ | Lunch @ 遊鶏(ゆうとり) 黒木 »