« 山小屋への道 | トップページ | 雨の中の山散歩 »

坊ガツルで過ごす

2013.11.16-17

Imgp2900 山小屋の前から見える風景です。何という贅沢なお庭


Img_2615 九州では初体験となる山小屋泊。ある方のご厚意で宿泊することができたのですが、予想していた以上にきれいな山小屋でした。食事をいただいた、ホールのこの手づくりのテーブルもすてき


Img_2616

昭和15年完成、2階へと続くこの階段は建設当時からあるものだそうです。大切に管理されているんですね。2,012年の4月には、この山小屋でドラマロケがあって、この階段を寺尾聡さんが下りてくるシーンも撮影されたのだとか。


Imgp2937

そうこうしているうちに、大船山が赤く染まり始め.....気温も随分と下がって来ました。


Imgp1625

ということで、皆でそろって法華院温泉へ。途中、山の端がきらりと銀色に光ったかと思ったら.....月の出です月が顔を出す瞬間を目撃したのは初めてかも~あまりに美しい月に、寒いのも忘れてしばし見惚れていました。でも....写真だと迫力も、神秘性もなかなか出ないですねぇ.....
約500年前に開湯した法華院温泉は標高1,303m、九州では一番高いところにある温泉なのだそうです。観月ですっかり冷えた身体を一気に温めてくれるお湯は、本当にありがたかったです。


Img_2623

さて、身体も温まったところで、宴の始まり~ メインは、途中のスーパーで購入してきた豊後牛を使っての博多風すき焼き。最初にお肉とお砂糖ハンパない量です.....を入れて、まぶしながら焼き、更に醤油を加えて絡めます。お肉を取り分けた後、今度は白菜、春菊、しらたき、豆腐等の具材を投入。今回の〆はうどんでしたが、ちゃんぽんでも美味しいそうです。豊後牛は評判通りの美味しいお肉、1年分の牛を、一晩で食べてしまったような.....


Img_2620

それに.....出番を待つお酒たちこれ.....6人分~. 戦力にならない私は迷惑な存在だったかも知れませんが、ちょっとずつ味比べができておもしろかったです。
がんがんエネルギーを入れて身体はぽかぽかだったはずなのに、ストーブも焚いているのに、やっぱり山の寒さは相当手強い食後には、再度温泉へ.....


Imgp2951 一夜明けて、6時過ぎ。朝食の支度整いつつあるテーブルの上


Imgp2959 昨日の残り野菜等を使っての朝食でしたが、充分な量。冷や奴に柚子胡椒、ハマりそうです。手づくりのお味噌を使ってつくられた豆腐と春菊のお味噌汁も、とっても美味しかったです


|

« 山小屋への道 | トップページ | 雨の中の山散歩 »

山小屋にて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坊ガツルで過ごす:

« 山小屋への道 | トップページ | 雨の中の山散歩 »