« Lunch @ まつや食堂 竹田 | トップページ | 明正井路第一拱石橋 »

竹田の町歩き

2013. 8.16

せっかく竹田の町中にやって来たので、ちょっとばかり散策を。

Img_1366 殿町武家屋敷通り。この辺りには、かつて中級武士が暮らしていたそうです。


Img_1367 整然と、そしてひっそりとしています。この暑さでは仕方ないですかねー?


Img_1368 距離的にはそれほど長くありませんが、昔の面影をとどめた、雰囲気ある通りです。


Img_1362 武家屋敷通りを少し山手に入った、民家の奥にあったキリシタン洞窟礼拝堂。‘キリシタン’というと長崎や熊本のイメージが強いのですが、戦国時代末期の岡城主志賀親次は熱心なキリシタンだったので、竹田にも多くのキリシタンが住んでいたようです。


Img_1364 凝灰岩をくり抜いたこの洞窟は、14世紀頃のローマの洞窟礼拝堂に似ているのだとか。幅・奥行き3m、高さ3.5mの洞窟の正面奥の壁を彫り込み祭壇として使用していたと考えられています。
島原の乱をきっかけに全国的に行われたキリシタン大弾圧、ここ岡藩も例外ではなく、宗門改めを行った藩内でも厳しいキリシタン狩りが行われ、多くのキリスト教信者が捕らえられたそうです。そういった時代を経ても、なお現存しているってすごいことですね.....。


Dsc_0367 歴史資料館の前には、‘坂の上の雲’で有名になった、竹田市出身の広瀬中佐の凛々しい立像。

|

« Lunch @ まつや食堂 竹田 | トップページ | 明正井路第一拱石橋 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹田の町歩き:

« Lunch @ まつや食堂 竹田 | トップページ | 明正井路第一拱石橋 »