« やっぱり最高~! | トップページ | 京の七夕 @ 堀川 初日 »

ちょっと京ぶら.....?

2013. 8. 3

昔.....今振り返ってみると‘私がまだ青春していた?’範疇に入れてもよいのではないかと思われる頃、‘銀ぶら’という言葉が流行。元々は大正時代に学生たちの間で使用されていた言葉らしいのですが、もちろん、私の青春時代はそんなに遠い昔の話ではなく、‘リバイバル’の時代です。けれど.....今でも使われているのかな?ふと不安になってネットで調べてみると、まだ立派に生存していたようです。東京には、たま~にしか会う機会のない方なんですが、死語チェックに厳しい方がいらして、話していると‘それ、もう死んでるでしょ’と再三指摘されてしまう始末.....。例えば、‘ハイカラ’は完全な死語、‘ナウい’も彼的には全くのNGなのだそうです。ひょっとしたら、このブログの中でも死語までは行かなくても、古典的な言葉を使ってしまっているのかもしれないなぁ、私......。
話が逸れてしまいました。京都駅近くで用事のある相棒さんと祇園で別れ、烏丸御池にあるホテルを目指してぶらぶら.....。

Img_1052 祇園白川の辺りの雰囲気が好きで、京都に来たときには目的もなくこの辺りをよく歩きまわっていました。


Img_1053 三都、大阪・京都・神戸はそれぞれ雰囲気や言葉は異なりますが、こういうところはやはり、関西圏だなぁと思ってしまいます


Img_1054 京都の夏の風物詩、‘川床’ではディナータイムに向けて支度中。
先日、TVで山村紅葉さんが言ってらしたので知ったのですが、‘川床’を‘かわどこ’というのは貴船や高雄辺りで、この辺りの鴨川では‘ゆか’というのだそうです。
京都の夏は暑いとよく言われますが、湿度が少し低めな分、福岡よりは街歩きし易いように感じました。四条通で少しばかり買い物をして、錦市場を通って.....。それほど食欲もなく、市場で何かちょっとしたものを晩ごはんに買って帰ろうと思っていたら、ほとんどのお店が店じまいを始めていました


Img_1059 晩ごはんをゲットできていないまま、ホテルももう間もなくというところで、ちょっとおしゃれなスーパーを発見通りかかったときに、木製の自動ドアがすぅーっと開かなければ、そこがスーパーだということさえ気づかずに通り過ぎていたことでしょう。


Img_1060 そのスーパーは‘京都八百一’さん。4月にオープンしたばかりのお店のようです。行ったことのないスーパーで商品を物色するのは楽しいものですが、目新しい商品が並んでいるとなおさら思わず予定外のものまで買い込んでしまいました。


Img_1061そして、これが‘八百一’さんで購入してきた今晩のお夕食。‘杏庵’というところでつくられた10品目の野菜が入ったヘルシー弁当です。スーパーのお弁当は美味しいと普段あまり思わないのですが、このお弁当は.....嬉しい例外。何でもないさつま芋やじゃがいもの煮たものやオクラのフライも味わいがあり、玄米も含めておにぎりもふっくら、もっちりとしています。変な添加物も入っていません。お腹も心も満たされた幸せな晩ごはん。


|

« やっぱり最高~! | トップページ | 京の七夕 @ 堀川 初日 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと京ぶら.....?:

« やっぱり最高~! | トップページ | 京の七夕 @ 堀川 初日 »