« 暑中お見舞い申し上げます。 | トップページ | みっけもの »

今更ながらの‘おきゅうと’

‘おきゅうと’.....何だかいかにも博多弁っぽい響きですね。以前、ちらりと紹介させていただいたことがあるのですが、‘おきゅうと’は福岡の海藻加工食品です。
Img_0837

これまで我が家の食卓に上ることはありませんでしたが、せっかく福岡にいるのだからと、今更ですが.....買ってみました。
元々は福岡の博多区で食されていたものが福岡市内に広がり、更に九州各地に広がりつつあるのだそうです。ただ、原料のエゴノリは、福岡県内では不漁が続いていて、ここ10年くらいは石川県の輪島等から仕入れているのだとか。
百田尚樹さんの話題の著書‘海賊と呼ばれた男’のモデルとなった福岡出身の実業家、出光佐三氏も‘おきゅうと’を懐かしんで、東京までお取り寄せしていらしたという話も残っているようです。


Img_0839

さて、その‘おきゅうと’洗って広げてみると、予想外に薄く、こんな感じです。ツルツルとよく滑ります。洗いながら、何度も落っことしそうになりました。


Img_0842

洗ったものを適当に細切りにして


Img_0841

あとはお好みの方法でいただくそうです。今回は、すりおろしたショウガ、イワシの削り節と青ネギをトッピング。ポン酢とごま油でいただいてみました。‘おきゅうと’自体に味はなく、つるりとした食感。歯応えのないこんにゃく?ところてんを少し柔らかくしたような感じです。さっぱりとしていて、結構好きかも.....。夏にぴったりの食材、この夏は我が家の食卓に度々登場しそうな予感.....

|

« 暑中お見舞い申し上げます。 | トップページ | みっけもの »

食*九州グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらの‘おきゅうと’:

« 暑中お見舞い申し上げます。 | トップページ | みっけもの »