« えつ | トップページ | もう一つの‘ラ・キュル・グラマンド’ »

インカ帝国展 @ 福岡市博物館

2013. 7.14

このところの殺人的な暑さで外を出歩く気には全くならず.....。

Img_0861

屋根の下の冷房の効いた空間なら.....と思い付いたのがここ百道浜(ももちはま)にある福岡市博物館。


Img_0859 お目当ては、特別展示のこちら。


Img_0874 ‘インカ帝国展’です。160点に及ぶ展示品の多くは日本初公開とのこと。考古学・人類学・歴史学等の分野から最新研究を基に、謎に包まれたインカ帝国の全貌にアプローチする構成で、なかなか見応えのある興味深い内容でした。
衝撃的だったのは、やっぱり5体のミイラ。両手を縄で縛り、顔を覆うようにして埋葬されているからでしょうか、その表情からは、安らかさ、穏やかさといったイメージよりは、悲しみや苦しみが感じられました。
13-15歳の少女であると推測されている保存状態の良好なミイラには片目ですが、眼球が残っていて、その目を見つめていると、この少女は今も自分の死を受け入れていないんじゃないか、身体の中に魂はまだ存在しているのではないかと思ってしまうほど生々しく、そして切ないものでした。
この‘インカ帝国展’、福岡市博物館で9月1日(日)まで開催されています。


Img_0864_2

また、‘クールシェア福岡’の取り組みの一環として、博物館では、常設展示のコーナーも9月1日(日)まで無料開放中。あの志賀島で出土した国宝‘金印’も間近で見ることができます。

|

« えつ | トップページ | もう一つの‘ラ・キュル・グラマンド’ »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インカ帝国展 @ 福岡市博物館:

« えつ | トップページ | もう一つの‘ラ・キュル・グラマンド’ »