« Lunch @ きももき 浄水通 | トップページ | 一年後のお楽しみ »

夏の養生

Img_0450ランチにおじゃました‘きももき’さんで、カウンターに並べられている薬膳材料についていろいろと尋ねていたら、これらのパンフレットを下さいました。
立夏(5月6日頃)から立秋までを夏とする中医学。
夏の養生法について記載がありましたので、少しご紹介したいと思います。夏は冷たい飲み物をとり過ぎる傾向があり、これが胃腸の機能低下につながり、夏の体調不良の原因に。夏の不調から身体を守るには、次のような基本を心掛けるとよいようです。
・胃腸を元気に保って、体力が落ちないようにする。
・冷たい飲み物のとり過ぎに気をつけ、適温適量の水分補給で潤いを補う。
・こもった熱を中から冷ます。
また、このためにも夏おススメの食材として以下のものが挙げられていました。
気を補う甘みのある食材(汗といっしょに気も排出されてしまうためなのだそうです。) ⇒  山芋・カボチャ・大豆製品・胡麻
汗の出過ぎを防ぎ、潤いを与える酸味のある食材 ⇒ 梅干し・レモン・苺・杏
熱を冷まし、涼性で苦味のある食材 ⇒ にがうり・スイカ・きゅうり・蓮の葉
だいたい旬のものをいただくとよいようですね。体調管理が難しくなる梅雨から夏にかけてのこの時期、皆さまも、夏バテしたりしないよう、どうぞご自愛下さい。

|

« Lunch @ きももき 浄水通 | トップページ | 一年後のお楽しみ »

季節のたより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の養生:

« Lunch @ きももき 浄水通 | トップページ | 一年後のお楽しみ »