« 砂の祭典 @ 吹上浜Ⅱ | トップページ | 砂の祭典 @ 吹上浜Ⅳ »

砂の祭典 @ 吹上浜Ⅲ

2013. 5. 3

作品の中には、海外から招かれた彫刻家の作品も4つほど。
Img_0020 ‘フェニックス’と


Imgp1638 ‘ユニコーン’はオランダから


Imgp1631

‘ドラゴン’と


Imgp1639

‘クラーケン’はアメリカから招待された彫刻家による作品だそうです。‘どうぶつ’がテーマと聞いて、4人が4人とも伝説の生きものを取り上げたのは単なる偶然だったのでしょうか.....?一般的な動物よりも、伝説の生きものの方がより創作意欲を掻き立てられたのでしょうかね.....
話は逸れますが、会場のあちらこちらで‘ボランティア 写真撮ります’というゼッケン?をつけた女子高生?を見かけましたが、これはなかなかよいアイデアだと思いました。私たちも、このクラーケンの前で数年ぶりの2ショットを撮っていただきました。多分、写真クラブの部員さんなのでしょう、とても上手に撮って下さっていました。

Img_0033_2 個人的に印象に残った作品はこちら。地元ご出身の砂像彫刻家、茶圓勝彦さんによる‘鑑真’。そう言えば、鑑真が初めて日本の地を踏んだ場所は坊津でしたね.....。

|

« 砂の祭典 @ 吹上浜Ⅱ | トップページ | 砂の祭典 @ 吹上浜Ⅳ »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂の祭典 @ 吹上浜Ⅲ:

« 砂の祭典 @ 吹上浜Ⅱ | トップページ | 砂の祭典 @ 吹上浜Ⅳ »