« ハイキング @ 油山 | トップページ | Lunch @ ひぜん玄海寿司 唐津 »

東松浦半島シーサイドドライブ

2013. 3.23

これは、長崎の大山公園から唐津の立神岩までお花見ドライブに出かけたときの、桜以外のレポです。

Img_9382 大山公園を後に、まず目指したのは、鷹島。長崎と佐賀の県境に架かる鷹島肥前大橋を渡ったところに、道の駅‘鷹ら島’があります。
ここにある船は、2,001年のNHK大河ドラマ‘北条時宗’の蒙古襲来のシーンで登場した船団のうちの一隻だそうです。1,274年の文永の役、1,281年の弘安の役と2度にわたり、日本侵攻の足掛かりとして攻め入られたのがこの鷹島。2度目の侵攻では、暴風雨により元軍が壊滅したといわれていて、今なお海底には多くの遺物が沈没したままなのだとか。島内には歴史民俗資料館埋蔵文化センターやモンゴル村があります。


P1010140

昼食&温泉をはさんで、次に立ち寄った.....と言うよりは、‘通りかかった’の方が正しいかな?のは、‘浜野浦の棚田’。浜野浦の入り江に流れ込む浜野浦川によって形成された浸食谷に283枚の田が連なっているもの。本来は農耕地向きではない急斜面に、戦国時代から江戸時代にかけて、先人達が山を切り開き、石を積み上げて築いたもの。


P1010137

展望台の右側辺りは特に傾斜がきつそうに見えました。


Img_9401展望台には、不思議なモニュメント。
‘奇跡的に出合い、幸福な結婚を経て、幸せな家庭を築くことの喜びを伝えるために、ここが‘恋人の聖地’であることを宣言します’と‘Bridal Mother’?である桂由美さんの名前が刻まれています。でも、どうして英語なんだろ.....?


P1010151 続いて訪れたのは、東松浦半島の最西北端にある波戸(はど)岬。
小ぢんまりとした、雰囲気のよいビーチです。


Img_9406 海中展望塔の向こうに見えているのは加唐島でしょうか.....?
この愛らしい花.....諸葛菜(ショカッサイ)というのだそうです。松林の下などにもたくさん咲いていて、お花畑をつくり出していました。


Img_9410 岬の先まで歩くと、鳥居の向こうに白い灯台。


Img_9413 灯台をまわり込むと、薄らと見える玄海原発。


Img_9411 灯台は施錠されていて登ることはできず.....。灯台前からの景色です。左が松島、右が加唐島。鳥居をくぐり、更に先へ。


P1010186 2つ目の鳥居の先には大きな岩があるのみ。


Img_9417 海中展望塔へ向かう途中、何かと思ったら.....


Img_9416 スミレの群生でした。色の濃いスミレですね~。


Img_9418 そしてこちらにも、桂由美さんによる‘恋人の聖地’宣言。こちらは♡形のオブジェ。


Img_9423 86mの桟橋を渡った先に、日本海側唯一の海中展望塔。水深7mのシーワールドを観察することができます。


Img_9474 名護屋城城址散策後、向かったのは加部島にある‘風の見える丘公園’。呼子で最も眺めがよいとされる場所です。今渡って来た、呼子大橋が見えています。風は.....見えているのかな?


Img_9475 加部島北部と小川島方向の景色。九州って、意外と島が多いんですね。今日は、橋でアクセスできる福島、鷹島、そしてこの加部島の3島しか訪れることができませんでしたが、小さな島への船旅もいいかも。


|

« ハイキング @ 油山 | トップページ | Lunch @ ひぜん玄海寿司 唐津 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東松浦半島シーサイドドライブ:

« ハイキング @ 油山 | トップページ | Lunch @ ひぜん玄海寿司 唐津 »