« お花見散歩Ⅰ | トップページ | お花見ドライブⅠ 大山公園 長崎 »

お花見散歩Ⅱ

2013. 3.21

Img_9268 福岡城址から更に足を延ばして、西公園へ。


Img_9269 福岡で唯一‘さくら名所100選’に選ばれた場所だそうです。


Img_9277 絶好のお花見日和ですね~


Img_9292 この辺りで見かけた、‘ソメイヨシノ’と


Img_9288既に散り始めてはいたけれど、‘ヨウコウザクラ’ 。‘天城吉野’と‘寒緋桜’の交配種で、生み出したのは愛媛の高岡さんとおっしゃる方だそう。教師をされていた高岡さんは、戦場に散った教え子を悼む鎮魂の旅に出た沖縄で‘寒緋桜’と出合い、‘ヨウコウザクラ’が生まれるきっかけとなりました。25年間改良を続けてできたこの‘ヨウコウザクラ’を、高岡さんは平和のシンボルとして各地に贈り続けたそうです。何気なく目にしている桜の花の背景にも、こんな歴史があったのですね。


Img_9273 公園内にある光雲神社の近くには‘ジュウガツザクラ’の残り花。‘十月桜’といいながら、通常4月上旬と10月頃の年2回開花するのだそうです。まだ4月にはなってませんけど.....


Img_9286_2 初夏のような陽射しに、楠の新緑も眩しく.....。


Img_9282 西展望広場からは、志賀島(しかのしま)や能古島(のこのしま)が見えました。写真は志賀島。


Img_9294 帰りは大濠公園を経由して。福岡城の外濠で、入り江でもあった草香江をもとにした大きな池のある公園です。点在した島が橋でつながっているので、池の中ほどを歩いて渡ることができます。松林の中を爽やかな風が吹き抜ける、気持ちのよいウォーキング・コースになっています。サイクリングやジョギングを楽しんでいる人も見かけました。


Img_9298 お濠の周辺に植えられた柳の新緑も風と戯れています。


Img_9299 大濠公園の南側には日本庭園。


Img_9304 園内は、桜とまだ蕾の多い紅枝垂の木が1本ずつ。花はほとんどありませんでしたが、涼やかな水の音が響く、静かで落ち着いた庭園でした。ツツジは多く植えられていたので、花の時季には賑やかになることでしょう。


Img_9308 こちらは護国神社の大鳥居です。


Img_9309 よく見ると、大木丸々1本が使われています。調べてみると、高さ13m、柱の直径160cmのこのヒノキの巨木は、台湾で切り出され、博多港に陸揚げされたのだとか。当時の車での運搬は不可能だったので、学校児童の綱引きとコロ方式によって運ばれたようです。これもまたすごい話.....。


Img_9313_2 更に、あちらこちら寄り道して、陽も傾きかけた頃.....


Img_9315_3 比較的家に近い場所に、ちょっといい感じのお花見スポットを発見でも、週末花見客でいっぱいだろうな.....。


Img_9190 おまけ。家の姫りんごも開花間近

|

« お花見散歩Ⅰ | トップページ | お花見ドライブⅠ 大山公園 長崎 »

福岡ウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お花見散歩Ⅱ:

« お花見散歩Ⅰ | トップページ | お花見ドライブⅠ 大山公園 長崎 »