« 吉野ヶ里歴史公園 南のムラ | トップページ | 吉野ヶ里歴史公園 南内郭 »

吉野ヶ里歴史公園 倉と市

2013. 2. 3

Img_8365 ‘倉と市’。海外との交易品や日本各地の特産品等が集められて市が開かれたり、市で取引される品々が保管されていたと考えられる倉庫等があった場所とされています。
古代中国の市の様子とよく似た構造をしていること、当時の交易の交通手段であったと考えられる舟が入れる大きな川がすぐ近くを流れていたこと、この地域全体が大きな濠で厳重に囲まれていることがその根拠となったようです。


Img_8379 市の中央に建つ‘市楼’は、ここで開催される市を管理する建物です。市に参加する許可をもらうのは下の階.....。


Img_8377 上の階には市の開催を知らせる旗と太鼓が置かれ、兵士が見張りに立つ場所でもあったようです。


Img_8382 市を治める市長(いちおさ)の住居は市楼のすぐ傍。この区域で暮らしながら市を管理していたと推測されます。


P2030157 濠と逆茂木で区切られた左側が市楼のある区域。右側は‘クニの大倉’と呼ばれ、武器等、クニの軍事・戦略上重要な物資や貴重な交易品等を収めていた特別な場所と考えられています。そのため、この場所は厳重に囲われ、その出入り口は兵士によって守られていたと考えられています。


P2030168

武器の収められた倉にて。当時の剣。長さは50cmほどだったでしょうか、かなり短めです。こんな剣で戦っていたんですねぇ.....


P2030166

他にも、盾や鎧のようなもの、槍や弓のようなものも置いてありました。


Img_8368

話は逸れますが.....復元された建物に使われた木材は手彫りのよう。機械のなかった時代、こんなところまで忠実に再現されているんですねぇ.....

|

« 吉野ヶ里歴史公園 南のムラ | トップページ | 吉野ヶ里歴史公園 南内郭 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野ヶ里歴史公園 倉と市:

« 吉野ヶ里歴史公園 南のムラ | トップページ | 吉野ヶ里歴史公園 南内郭 »