« Lunch @ 時季(とき)のくら 朝倉 | トップページ | かつお菜 »

三連水車 @ 朝倉

2013. 1.20

朝倉を代表する文化遺産、三連水車は寛政元年(1789年)の設置。当時、洪水、干ばつ、飢饉といった天災異変に見舞われる中、新田開発のために堀川用水路を造った際、その恩恵が受けられるように自動回転式の水車が設置されたのです。

Img_8224 こちらは、‘三連水車の里あさくら’の裏にある水車公園に設置されたモニュメント。
実物は、公園より約450m下流に菱野の三連水車、それより約130m下流に三島の二連水車、さらに約250m下流には久重の二連水車群があり、毎年6月中旬から10月中旬までの灌漑期に稼働しているそうです。


Img_8222 この三連水車は、菱野の三連水車と同規模のステンレス製で、モーター駆動方式。一番大きな水車で、直径4m76cmほど。


Img_8232 堀川用水路から導水された水は、公園内のビオトープ池へ、それをポンプで揚水し、園内の水路を経由して再び堀川用水路に流出させているようです。


Img_8223_2 水車の傍にあった木は柳?でしょうか.....あまりにまっすぐな細枝の美しさにしばし見惚れてしまいました。

|

« Lunch @ 時季(とき)のくら 朝倉 | トップページ | かつお菜 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三連水車 @ 朝倉:

« Lunch @ 時季(とき)のくら 朝倉 | トップページ | かつお菜 »