« 小宿 -YAMADAYA- @ 明礬(みょうばん)温泉 別府 食事編 | トップページ | Tea Time @ 甘味茶屋 別府 »

明礬温泉共同浴場 @ 別府

2013. 1.13

Imgp1512 宿をチェックアウト後、すぐ近くの共同浴場へ。
料金箱ないなぁ.....と相棒さんと二人うろうろしていたら、「入浴料は要らないのよ。でもね、ずっとお湯を見守って下さっているお地蔵さまがいらっしゃるから、もしよかったら、気持ち分だけお賽銭で。」と通りがかった親切な地元の女性。


Imgp1515 中は、男女別の内湯が一つずつ。入ってすぐのところにある脱衣場。広くはないけれど整然としています。脱衣場と浴場の間には、ドアも仕切りもなく、この脱衣場のすぐ左が.....。


Imgp1514

お風呂です。真ん中にど~んっと湯船があるだけのシンプルな造り。お湯は、‘山田屋’さん同様、美しい透明の深緑色。
が.....熱いハンパなく熱い温泉成分は薄まってしまうけど、ホースでじゃあじゃあ~注水。でもですよ、水圧を最大限にしても、それと同等以上の源泉が注がれているわけですから、そんなに簡単には適温になってくれるはずはありません。窓は開いていて寒いので、水で薄めたお湯をかけ湯しながら、10分ほどねばった頃、もうおひと方来客。その女性は、洗面器に汲んだお湯をさまし、さましして身体を洗い、かけ湯だけして、早々に退散されてしまいました。う~ん、せっかくここまで頑張ったんだから、せめて足先だけでもっ.....と思いましたが、やっぱり無理でした ちなみに、男湯の方では先客の方が上手く温度調整をして下さっていたらしく、熱めながらも入浴できたそうです。羨まし.....。

|

« 小宿 -YAMADAYA- @ 明礬(みょうばん)温泉 別府 食事編 | トップページ | Tea Time @ 甘味茶屋 別府 »

湯を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明礬温泉共同浴場 @ 別府:

« 小宿 -YAMADAYA- @ 明礬(みょうばん)温泉 別府 食事編 | トップページ | Tea Time @ 甘味茶屋 別府 »