« 小宿 -YAMADAYA- @ 明礬(みょうばん)温泉 別府 温泉編 | トップページ | 明礬温泉共同浴場 @ 別府 »

小宿 -YAMADAYA- @ 明礬(みょうばん)温泉 別府 食事編

2013. 1.12-13

Img_8131 今宵は5組の宿泊客。18時半からの食事は3つのスペースに分かれて。私たちがいただいたのは、キャンドル向こうの席。手前は玄関。左側には蝋梅。‘今年は暖かくてもう咲いちゃいました。’と女将さん。


Img_8150_2 私たちと同じスペースでいただいていた方のテーブル。先に席を立たれたので、写真を撮らせていただきました。


Img_8133 食前酒。グラスの形もユニークですが、リキュールの中に、凍ったハート型のリキュール。手が込んでますね~。


Img_8135 ‘季節の味覚 6品の前菜’と‘リズムの3品’。‘リズムの3品’は、左より、干柿とチーズの生ハム巻きディル添え、春菊のクレープチリソース添え、焼きアボガド。加熱したアボガドをいただいたのは初めて。生とはまた異なる食感でおもしろかったです。


Img_8134 ‘季節の味覚 6品の前菜’.....6品には見えませんが..... こまごまとした丁寧なお仕事。


Img_8136 年末年始と肝臓フル回転の相棒さん。しばらくお酒は控えると宣言していたのに、ここでたまらず、ワインをオーダー。気を遣ってか、一応ハーフ.....。


Img_8137 ‘大分の海より 地魚の刺身’ご主人自ら釣ってこられたという天然の大物ブリは、脂が乗ってとても美味しかったです。イカも柚子大根おろしと相性ばっちり


Img_8139 ‘yamadayaの優しいポトフ’。‘当館の人気No.2メニューなんですよ’と若女将。牛の頬肉がとろけるほど柔らかい。ネーミングのとおり、本当に優しいお味、いただくほどに美味しさがしみてくる.....そんな不思議なポトフでした。これがNo.2なら、No.1メニューは何なのだろう.....


Img_8142 ‘旬の一口’これも、ひと口とはいきませんが.....なまこ、茹でたチンゲンサイ、生の白菜、すりおろした山芋+甘酢が美味しい旬の白菜は甘みがあり、そのままでも充分。


Img_8143 ‘大分の郷土料理 鶏天’、チリソース、シークァーサーを使ったポン酢、塩麹を添えて。このディスプレイ、遊び心にあふれてませんか.....?見てるだけで楽しくなっちゃいます。鶏天は柔らかでジューシー、海老やカイワレ菜、シメジの土台となっている白いものはマッシュドポテトを丸めたもの。


Img_8145‘美肌鍋’には、先ほど出されたポトフの牛の頬肉を煮込んだ際に出たコラーゲンがたっぷり。ネギ、赤黄パプリカ、松の実入りのピリ辛鍋。いただくのは、薄切りのブリ、半分に切ったアスパラガス、桂むきの大根。


Img_8147 ‘〆の黒米入りご飯’とお漬けもの。若女将のアドバイスに従って、最後は、鍋に残ったお汁を入れて、お茶漬け風にしていただきました。なるほど黒米とよく合います。


Img_8149 デザートには抹茶のパンナコッタ。飲みものは‘Kona caffe’。バニラのような、アーモンドのような甘い香りがかすかにします。パンナコッタは、抹茶の苦味と深みが効いた大人味のデザートでした。
食後は満腹過ぎて、立ち上がれないほど美味しいと、食べちゃうんだなぁ.....。


Img_8153 さて、朝食も同じ席にて。昨夜は赤かった皮のランチョンマットが、今朝は白に.....。
はて.....?昨夜、パンが焼き上がる時間をご案内いただいたのですが.....ウインナー、焼きキャベツとミニトマトのマヨネーズ添えはともかく、焼き鮭に明太子、しらたきの煮物に、味つけのり.....このおかずはどうみても、和食系でしょう.....


Img_8154 ‘GENKI卵の地獄むし’。温泉で茹でた卵は、ほんのり温泉味。美味しく感じます。


Img_8156 何やら、登場.....。何となく、‘エレファントマン’思い出しちゃうなぁ.....。ちょっと古過ぎ


Img_8157 紙袋の中身は、米粉を使ったパン。お塩でしか味付けしていないので、メイプルシロップをつけてどうぞ.....とのこと。焼き立ての熱々は、米粉自体の甘みが感じられ、しっとりと美味。


Img_8158 そして、ご飯とお味噌汁の登場。朝からハイボリューム。ちょっとやそっとの山歩きでは消費できそうにないなぁ.....
ところで、晩ご飯も、朝食も全て女将さん一人で料理されていらっしゃるとのこと。頭が下がります。


Img_8178 チェックアウトの際、お土産にといただきました。ご自分の畑で採れたヨモギを使ってつくられた飴。
手を抜かない、そして気遣いのあふれる、すてきなお宿でした。

|

« 小宿 -YAMADAYA- @ 明礬(みょうばん)温泉 別府 温泉編 | トップページ | 明礬温泉共同浴場 @ 別府 »

泊まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小宿 -YAMADAYA- @ 明礬(みょうばん)温泉 別府 食事編:

« 小宿 -YAMADAYA- @ 明礬(みょうばん)温泉 別府 温泉編 | トップページ | 明礬温泉共同浴場 @ 別府 »