« 久しぶりの車中泊 @ 生月島 | トップページ | 平戸島風景 »

生月島風景

2012.12. 2

せっかく生月島までやって来たのだから、島内ドライブをちょっとばかり.....。
Img_7807 道の駅に設置されていた観光案内をたよりに、出発~


Dsc_4684 車を走らせていても目にど~んっと入ってくる大きさの‘生月大魚藍観音’。漁師さんの航海安全、また遭難者を弔うために建てられた高さ18mのブロンズ像の観音さま。座像のブロンズ像としては日本最大級なのだとか。


Dsc_4685 その観音さまが見守る港の風景。
観音さまに会いに行く道すがら、朝のウォーキングを楽しんでいらっしゃる中高年の方を結構見かけました。よそ者である私たちに対しても、にこやかに元気なごあいさつ。それに、気がついたことがもう一つ。通りにゴミが見当たらないんです。気持ちのいいところだなぁ..... 来てみるまではその名前さえ知らなかった生月島、好感度一気に


Dsc_4710 観音さまから一路、島の最北端へ。そこにあったのが、この大バエ灯台。約80mの断崖の上にあります。しかも展望台付き、サービスのよい灯台です。
この付近一帯は、太平洋戦争時の陸軍要塞で砲台と探照灯が設置されていました。灯台は、このときの弾薬庫を使用してつくられたようです。


Img_7822 展望台からの眺め。お天気はですが、風もなく穏やかな海が広がっています。


Img_7823 まわれ右っで、見えるのはこの景色。左に的山大島(あづちおおしま)、右は度島(たくしま)。どちらも、機会があれば是非訪れてみたい興味深い島です。
視界のよい日には、壱岐や対馬まで見渡すことができるのだそうです。


Img_7826 島の東側。奥に見えるのは平戸島。


Img_7820 駐車場から灯台へ登る道にて。ツワブキの花は島内のいたる所で目にしました。


Img_7838大バエ灯台から、Uターン。今度は島の西側を走ります。柱状節理の奇観、‘塩俵の断崖’。六角形の亀甲模様の石柱群は玄海の荒波による彫刻。


Img_7847 島の西側、海に沿った道路‘サンセットウェイ’を走行中。ほとんど車に会うこともなく、快適なドライブ。


Img_7851 道路左側の断崖には水が滴り落ちる小さな滝がいく筋か見受けられました。
島の東側で集落を見かけることはなく、ほとんどの島民は、西側に住んでいるようです。


Img_7852 山頭草原を目指して走っていたのですが、結局迷ってたどり着けず.....。高台を走っているうちに生月大橋を見おろせるスポットに出くわしたので記念にカシャリ。これからあの橋を渡って、再び平戸島へ.....。

|

« 久しぶりの車中泊 @ 生月島 | トップページ | 平戸島風景 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生月島風景:

« 久しぶりの車中泊 @ 生月島 | トップページ | 平戸島風景 »