« 安納芋の焼きいも | トップページ | 光明禅寺 太宰府 »

Lunch @ 中村屋 太宰府

2012.11. 4

そんなに遠くないのに、なかなか行くことのできなかった、太宰府へ到着したのは正午過ぎ。まずは腹ごしらえ.....と。
Img_7350 お店の前の行列。こちらは、‘梅ヶ枝餅’買い待ちの人たちの列。こんなに人気のある‘梅ヶ枝餅’をつくることのできるお店なら、食事も悪くないんではないか.....と判断して、‘中村屋’さんへ。


Dsc_0003 入店時には満席でしたが、それほど待たされることなく、席に案内していただけました。
こちらは相棒さん注文のミックスフライ定食とうどんがセットになったランチ。
うどんは、福岡でもよく食されているようで、専門店も多いのですが、コシのつよいうどん=美味しいと考える私たちにとっては、ちょっと違和感のある、噛み応えのない柔らかなうどんが多いような気がします。そう言えば、木綿豆腐も妙に柔らかいよなぁ.....。まさか歯の悪い人が多いって訳でもないんでしょうけど。好みの問題なんでしょうね。


Img_7347 さて、こちらはマイ・オーダーのいなり寿司付きの天ざるそば。どちらも無難なお味。でも観光地にしては価格は良心的な設定で好印象。


Dsc_0005 寒い中、行列に並ぶ人たちには申し訳ないけれど.....。


Dsc_0004

食後に‘梅ヶ枝餅’、いただいてみました。
太宰府に左遷され、悄然とした菅原道真公を慰めようと老婆が餅を持参したところ、道真公はこの餅を好んで食すようになったと言います。道真公が死去された際には、梅の枝に刺したこの餅を霊柩に供えて送ったことからその名が付けられたのだとか。白玉粉と小豆のみでつくるシンプルなものですが、‘梅ヶ枝餅’の専門店は40店舗以上あり、それぞれに味や食感等が異なるのだそうです。さて、‘中村屋’さんでいただいた焼き立てのお餅、外皮はパリパリ、中の大粒の小豆も品のよい甘さで美味しかったです。でも、他のお店と味比べしてみてもおもしろかったかなぁ.....。

|

« 安納芋の焼きいも | トップページ | 光明禅寺 太宰府 »

食*九州グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lunch @ 中村屋 太宰府:

« 安納芋の焼きいも | トップページ | 光明禅寺 太宰府 »