« 由布岳の花 10月 | トップページ | 英彦山(ひこさん)へⅠ »

七福温泉 宇土の庄 @ 玖珠 大分

2012.10. 7

街中に向かう車の渋滞に、湯布院温泉での立ち寄り湯をあっさりギブアップ。代わって向かった先は、‘七福温泉 宇土の庄’。玖珠ICから国道387号線を北上、途中分岐して、この先温泉施設なんてあるんだろうか.....?とちょっと不安になるような谷間の道を走り.....。

Img_6434 たどり着いた‘宇土の庄’。この母屋の2階が宿泊施設、1階が食事処と売店となっているようです。私たちが到着したのは、18時を過ぎた頃で、宿泊者以外の食事受付は既に終了。

Imgp1345 ではお風呂だけでも.....ということで母屋の左側を少し奥に入った男女別の大浴場‘弁天の湯’へ。木がふんだんに使われた脱衣場は明るく、きれいです。洗面は1つ。


Imgp1346 ロッカーやカゴも数はそれほどありません。私たちがおじゃましたときには、他に入浴客はいなくて、不便は全くありませんでしたけど.....。


Imgp1347 内湯の岩風呂はやや小さめ。とは言っても、一人で入浴するには充分過ぎる広さ。ラッキー透明な紅茶色のお湯.....と思っていたのですが、陽の中では黄金色に輝くそうです。
モール泉で、とても柔らかな肌触り。ここの温泉を化粧水代わりに持って帰る女性もいらっしゃるのだとか.....。やや温めのお湯は長湯も可能。肌には気泡も付きます。


Imgp1351 もちろん、自家源泉掛け流しの新鮮なお湯。湯船からあふれたお湯が洗い場の方に流れてきます。


Imgp1349 隣接して、内湯よりはひとまわり大きなサイズの湯船の露天風呂あり。この頃にはどっぷり日も暮れて暗かったので、写真撮影のみ。
この大浴場の他にも貸切のお風呂が2つあるようです。
心地よいお湯を独り占め.....贅沢なひととき。でも、次回はもっと明るい時間に訪れたいなぁ.....。‘宇土の庄’がある宇土谷は奇岩で有名なところらしいです。

|

« 由布岳の花 10月 | トップページ | 英彦山(ひこさん)へⅠ »

湯を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七福温泉 宇土の庄 @ 玖珠 大分:

« 由布岳の花 10月 | トップページ | 英彦山(ひこさん)へⅠ »