« 七福温泉 宇土の庄 @ 玖珠 大分 | トップページ | 英彦山へ Ⅱ »

英彦山(ひこさん)へⅠ

2012.10. 8

帰る方向にある山にもいっちょ登って行こうか.....ということで、昨夜は、道の駅‘やまくに’にて車中泊。朝、ゆっくりめに起き出して、福岡と大分の県境にある英彦山へ。英彦山は、新潟の弥彦山、兵庫の雪彦山とともに日本三彦山に、また山形の羽黒山、奈良の大峰山とともに日本三大修験山に数えられているそうです。
Dsc01667 スタートは、ここ、高住神社の参道から。


Dsc01669 すぐ脇には、湧き水。このお水を汲みに来ている人もいました。


Dsc01672 石段を登って行くと.....朝霧の中、射し込む陽光.....?と思ったら、護摩焚きの煙だったようです。


Img_6439 石段を登り切った右側には、御神木、樹齢850~900年の‘天狗杉’。


Dsc01678 継体天皇の時代に建立されたと伝わる高住神社は、豊前豊後の開拓の祖先を祀っていて、五穀豊作・牛馬安全・鎮火の神として名高いそうです。


Img_6443_2 英彦山への登山は、その高住神社の右手奥から。


Img_6444 神社の女性の話によると、北岳・中岳・南岳を総称して英彦山というのだそうです。


Img_6445 頭が切れちゃってますが..... 筆立ての岩。


Img_6447 登り始めて間もなく、望雲台に向かう鎖場への分岐。天気のよかった昨日は大渋滞したのだとか.....。まず、狭い岩の間を縦に登って.....。


Img_6448 になって.....。


Dsc01721 足元にはダイモンジソウの応援団.....?


Dsc01746 そして、縦の鎖をもういっちょ


Dsc01740 上から見おろすとこんな感じ。


Dsc01730 立派な柵が張ってありますが、登った上の反対側は絶壁になっています。ここは、本来山伏の修行の場だったそうです。


Dsc01726 正面に見えるのは、国の特別天然記念物に指定されている鷹ノ巣山一の岳。朝の光にご機嫌斜めのふくろうの顔のような.....


Img_6457 展望を楽しんで、登山道に戻ります。大きな石が誘う登山道、浮き石がほとんどないので助かります。


Img_6458 美しいシオジ林の中を歩きます。


Dsc01778

九州には火山が多い.....と言いますが、英彦山もそうだったんですね.....。


Dsc01781 階段を登り切ると.....稜線に出た模様。


Dsc01783 空が広~い


|

« 七福温泉 宇土の庄 @ 玖珠 大分 | トップページ | 英彦山へ Ⅱ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英彦山(ひこさん)へⅠ:

« 七福温泉 宇土の庄 @ 玖珠 大分 | トップページ | 英彦山へ Ⅱ »