« 韓国岳(からくにだけ) 秋の走り | トップページ | 硫黄山散策 »

えびの高原池めぐり

2012.10.14

下山後、えびの高原にある3つの池を巡る自然探索路を歩いてみました。
Imgp0513 車道のすぐ近くにある不動池。紅葉すると、うっとりするほど美しいそうですが、紅葉にはまだ少し早く.....。


Img_6726 それでもフライングしてる木、一本見っけ


Img_6729 不動池をまわり込んだところにはこんな看板。


Img_6732 明るい赤松の林の中、緩やかに登って行きます。


Img_6741 2つ目の六観音御池。立派な展望台があります。どことなく.....福島の毘沙門沼から見る磐梯山の風景に似てる?似てない?


Img_6740 六観音御池の畔にあった六観音堂。村上天皇の時代、性空上人がこの地で法華経を読誦していると、白髪の老翁が現れ言うことには、‘我はヤマトタケルノミコトである。白鳥と化してこの峰に住むこと久し、今、師の読誦苦行の徳に感応して身を現すものなり。’これによって、上人は出現場所に堂宇を建て、中に手彫りの六観音を安置したと伝えられています。


Img_6742 六観音堂の先には、杉の巨木が並んでいます。


Img_6745 やっぱり写真では、迫力は伝わりませんねぇ.....


Img_6751 3つ目の白紫池は静寂に包まれて。


Img_6754 えびの高原ビジターセンターから見える韓国岳。山頂付近、今はくっきりと見えています。登ったのは、右側のピーク。


Img_6757 足元には、たくさんのリンドウが咲いていました。


|

« 韓国岳(からくにだけ) 秋の走り | トップページ | 硫黄山散策 »

NatureWalking」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えびの高原池めぐり:

« 韓国岳(からくにだけ) 秋の走り | トップページ | 硫黄山散策 »