« 山河(さんが)旅館 @ 黒川温泉 熊本 | トップページ | 星生山(ほっしょうざん)&扇ヶ鼻 @ 九重連山Ⅰ »

Dinner @ やまたけ 黒川温泉

2012.10.20

立ち寄り湯をいただいて、時刻は18時をまわったところ。この時間、この辺りで営業しているお食事処を見つけるのは意外と難しい.....。黒川温泉から小国方向に車を走らせていて一番最初に見つけた、灯りの灯ったお店。

Img_6940 何が食べられるのか全くわからないままの飛び込み。ラストオーダー受付は終了しました.....なんて言われませんように.....ドキドキ


Img_6936 大丈夫のようで、とりあえずはほっ.....
ここ、‘やまたけ’さんは、自然薯料理のお店のようです。まず出されたのは、前菜。二人分が一枚のお皿に盛られています。予備知識も、期待もないまま、ひと口口にしてみて、当たりくじを引き当てたような幸せな気分に。お漬けものはどれも美味。右奥の梅干しは外皮が取り除かれています。あっさりとした甘さでしつこさは全く感じません。左手前は皮つきのまま揚げた自然薯にたれをからめたもの、右手前は生の自然薯をもろみで和えたもの。揚げるとほくほく、生ではしゃきしゃき、食感も楽しめます。


Img_6937 自然薯だご汁膳。ご飯は、五穀米かむかごご飯か、選択可能。野菜の炊き合わせも美味しかったのですが、驚いたのは、お膳の奥、真ん中にあるすりおろしただけの自然薯。まるでマシュマロのようで、お箸でつまんでも全く形が崩れることはありませんでした。何というねばりほんのりとした甘味も感じられました。


Img_6938 だご汁。自然薯を皮つきのまますりおろし、小麦粉代わりに使ってだんごにしているようで、サイズも大きめ、結構食べ応えがありました。


Img_6939 自然薯のお好み焼き。ふわふわ、もちもちした自然薯に、キャベツやもやしのしゃきしゃきとした食感がおもしろかったです。サイズは思っていたよりも小さかったのですが、お腹いっぱいになりました。自然薯マジックですね.....。
山の中、思いがけず、大満足の晩ごはんでした~

P.S. テーブルはすべて囲炉裏になっていて、牛肉や鶏肉、ヤマメ等の炭火焼もいただけるようです。


|

« 山河(さんが)旅館 @ 黒川温泉 熊本 | トップページ | 星生山(ほっしょうざん)&扇ヶ鼻 @ 九重連山Ⅰ »

食*九州グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dinner @ やまたけ 黒川温泉:

« 山河(さんが)旅館 @ 黒川温泉 熊本 | トップページ | 星生山(ほっしょうざん)&扇ヶ鼻 @ 九重連山Ⅰ »