« 自然の彫刻 @ 平尾台 | トップページ | オートミール »

Lunch @ 蕎麦処 えん 平尾台

2012. 9. 1

Imgp0086平尾台散策を終えて、お腹と背中がくっつきそうな?お腹を抱えてそう言えば、今日は朝食も食べ損なってました~、道中見かけた手打ちそば屋‘えん’さんへ。駐車場は2ヶ所、ともにかなり車が停まっていたのでいっぱいなんだろうな.....とは思ったものの、気分は既にお蕎麦入り口に並べられていた椅子に座って待つこと間もなく、カウンター席に案内していただけました。それほど多くはないメニューの中から、天ぷらそばを注文。期待にどきどきわくわく.....


Img_5815

が.....坐ってからが長かった.....。厨房を囲むようにカウンター席がL字型に配置されているのですが、少~しずつ出来上がるおそばは、私たちの前に着地することなく、奥の座敷や他のカウンター席に運ばれて.....。あ~、お腹空いたよ~
気を紛らわそうと、今日撮った写真を確認したり、外に出て庭をうろうろしたり、親父さんがゆで上がったそばを丁寧に、ほんとに丁寧に洗うのをぼーっと見つめたり.....。


Imgp0091

意識が遠のきかけた頃、やっとおそばの登場です。やった~
今日のそばは、地元平尾台産と阿蘇の九木野産の蕎麦粉をミックスして手打ちされたもの。量的にちょっと少なめかな?と思ったのですが、食べ終える頃には満腹に。


Imgp0092

コシの強い細麺、十割そばのわりに上品なおそばです。とっても美味しくいただけました。
そば湯も濃厚で、ナイス


Imgp0093天ぷらそばは一番の人気メニューのよう。私たちの直後で売り切れとなりました。
その天ぷら。季節の新鮮野菜や山菜、いろいろなものが少しずつ。甘みが去った後、酸味がわーっと口の中に広がる不思議な天ぷら。‘何?’と相棒さんとひそひそ話していたら、‘それはね、青トマトだよ。わからないのがあったら、何でも訊いて。’と親父さん。おもしろいところでは、いちじくの天ぷらなんてのもありました。
入店のタイミングが悪く、随分待ちましたが、平尾台に来たなら味わって欲しいおそばです。
ちなみに、このお店、ご主人が定年退職後、そば打ち教室で出合った仲間と開いたんだそう。テレビ朝日の‘人生の楽園’という番組で紹介されたこともあるそうです。


|

« 自然の彫刻 @ 平尾台 | トップページ | オートミール »

食*九州グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lunch @ 蕎麦処 えん 平尾台:

« 自然の彫刻 @ 平尾台 | トップページ | オートミール »