« 塚原温泉 火口乃泉 @ 湯布院 | トップページ | 山里の湯 @ 九重 »

飯田ヒュッテ @ 飯田(はんだ)高原

2012. 8.25-26

前回に続いて、‘やまなみハイウェイ’をドライブしましたが、天気は不安定。展望もあまり期待できそうになかったので、早々に宿へ。
Img_5599 阿蘇くじゅう国立公園内は飯田高原にある‘飯田ヒュッテ’さん。登山者の方も多く利用されているようです.....というか登山者基準の宿泊施設のようです。私たちも、一泊夕食、お弁当付きのプランで予約させていただきました。


Img_5597 玄関入ると正面すぐのところに受付と、ちょっとした販売コーナーがあります。


Img_5598その左には、食堂。木のぬくもりが感じられる、気持ちのよい空間です。部屋の中央では、薪ストーブが待機中。


Img_5601 その食堂での夕食。‘頑張って歩いてきてね’というエールのこもった?メニューはボリューム満点で美味真上からの撮影だと写真に入り切らないので、斜め写しで.....。普段の食事の3倍くらいの量なんですが、食べちゃえる~、どうしよ 明日頑張ってカロリー消費しなくっちゃ
食事はNHK制作の百名山を紹介するDVDを見ながら.....。久住山のところで、あれっ このお顔は.....と思ったら、ご主人は山岳ガイドもされていらっしゃるんですね。登山道で雷に遭遇した場合の対処法等々も教えていただけてよかったです。

Img_5595 部屋はシンプルで好ましい。窓を開けると涼しい風が吹き抜けて行きます。下界とは全く異なる気温、贅沢な天然のクーラーです。
お布団はセルフにて。使用する人数分のみ、シーツがかかっていました。
Img_5596

洗面所、男女別のトイレは共同使用。この日は、私たちの他に、単独の男性客1人、女性客2人が投宿されていましたが、洗面所やお手洗いでかち合うことはありませんでした。飯田高原の緑の風景を眺めながらの歯磨きや洗顔.....いつもの行為だけど、気分いいなぁ.....。
持ち込んだゴミは持ち帰る等山小屋ならではのルールはありますが、館内全体が明るくて清潔でとても居心地のよいところでした。

|

« 塚原温泉 火口乃泉 @ 湯布院 | トップページ | 山里の湯 @ 九重 »

泊まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯田ヒュッテ @ 飯田(はんだ)高原:

« 塚原温泉 火口乃泉 @ 湯布院 | トップページ | 山里の湯 @ 九重 »