« うたせ湯 @ 筋湯温泉 九重 | トップページ | 川底温泉 @ 九重 »

大黒屋 @ 筋湯温泉 九重

2012. 8.17-18

Imgp1225 共同浴場‘うたせ湯’からもほど近い場所にある‘大黒屋’さん、部屋数6つの小さな宿です。


Img_5575 玄関入って右側には囲炉裏がありました。


Img_5563

用意して頂いた部屋は‘光’。傍を川が流れていて水の音が涼しげ。部屋にエアコンと扇風機はありましたが、宿の方も「夏でも使ったことがない。」とおっしゃっていたように、必要ありませんでした。お布団はセルフサービス。


Img_5572 窓の外には青葉を茂らせる銀杏の木。よく見ると、既にたくさんの実をつけていました。


Img_5566 古い建物を上手くリフォームされたようで、きれいにメンテされています。
お手洗い、洗面所は共同。ただ、お盆過ぎの平日ということもあってか、宿泊客は私たちともう一組のみ。快適に過ごすことができました。


Img_5567

素泊まり予約が原則のようですが、1階の居酒屋‘やまぼうし’での食事が可能です。夕食は、こちらでいただきました。予約しておくと、名物‘夢ポーク’のしゃぶしゃぶもいただけるようです。


Img_5570 チェックイン時に申し込んだ朝食。同じく‘やまぼうし’で。いろいろなものが少しずつ、これで800円。宿食としては良心的な値段設定だと思います。


Imgp1227

さて、肝心の温泉。‘大黒屋’さんには男女別の内湯に3つの家族風呂があります。中でも有名なのが、この‘赤石湯’だそうです。家族風呂といいながら、一人では両手両足を伸ばしても充分過ぎる広さでした。
陽が傾くと、身体を洗っている間、温泉を恋しく思うほど気温が下がったようです。そう言えば、夜になるとお手洗いの便座にもヒーターが入っていましたっけ.....。


Imgp1226

家族風呂その2‘切り石湯’。底に川石が敷き詰められています。‘赤石湯’と比べると、やや小さめではありますが、それでも充分な広さ。


Imgp1236 家族風呂その3‘おけ湯’。このお風呂と男女別の内湯は、宿から川沿いの階段を下ったところにあります。湯面を漂う湯気がいい感じ。この辺りは、既に温泉適期のようです。


Imgp1235 男女別の内湯(女性用)、‘石湯’。6人くらいはゆっくり入れそうな広さです。すべてのお風呂を制覇することはできませんでしたが、他の宿泊客とかち合うこともなく、のんびりと過ごすことができました。
この夏はとにかく暑くて、どこに出かける気にもならずましてや温泉だなんてとんでもないっ、家でうつうつと過ごしていましたが、九州の高原がこんなに涼しく快適だなんて.....。どうしてもっと早く避暑に来なかったのだろうと猛烈に後悔.....


|

« うたせ湯 @ 筋湯温泉 九重 | トップページ | 川底温泉 @ 九重 »

泊まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大黒屋 @ 筋湯温泉 九重:

« うたせ湯 @ 筋湯温泉 九重 | トップページ | 川底温泉 @ 九重 »