« Lunch @ ひるねこ食堂 友泉亭 | トップページ | ドライブ中の風景 »

久々の船旅

2012. 8.17

愛媛で育った私。中国地方に住む祖父母や親せきを訪ねるのに船はとても身近な交通手段でした。愛媛を離れてからも、大阪や神戸、広島に住んでいたときには、帰省によく船を利用してましたっけ.....。福岡に引越しする前の6年間は東日本で暮らしていたので、さすがに船とは疎遠になってしまいましたけど.....。このお盆の帰省には久々に乗船。九州と四国を最短の70分で結ぶ国道九四フェリーを利用させていただきました。高速で大分に向かい、佐賀関から、愛媛の三崎へ。行きは深夜真暗闇の中の航行でしたので、帰りの様子をアップ。
Dsc00712 三崎の港へは、日本一細長い半島(約50km)の頂上部分につくられた国道197号(通称:‘佐多岬メロディーライン’)を通って行きます。時間的に余裕があったので、途中展望台に立ち寄ってみました。半島の左側は宇和海、反対側は瀬戸内海。
メロディーラインの一部では、車両の走行音で音楽(ここでは‘みかんの花咲く丘’)を奏でる特別な舗装がされていて、夜中走ったときには、えっ、暴走族と、ちょっとびっくり。

Dsc00731 乗船する‘ニュー豊予2’が入港してきました。九四フェリーでは、3隻の船が航行していますが、‘ニュー豊予2’は699トン、自動車積載41台、定員292名の船。


Dsc03700 いざ、出港


Dsc03699 半島の頂上部に並ぶ風車。半島の反対側、つけ根付近には原発もありますが、今は定期点検中で停止中。


Dsc03685 夏空に広がる雲。半島の先端には白い灯台。あそこが九州に一番近い場所


Dsc03746揺れるなぁ~と思ったら、海面には白波。


Dsc03757 少し進むと穏やかな海域に。別府・臼杵と八幡浜を結ぶ宇和島運輸フェリーが四国方向に航行中。


Dsc00784

高島が見えてくると佐賀関はもうすぐ。


Dsc03775 漁船団が操業中.....
潮流の速い豊予海峡で育った魚は身が引き締まり、脂がのっていて市場評価も高いとのこと。‘関あじ’や‘関さば’は全国的にも有名ですもんね


Dsc00789 佐賀関の港に近づく頃、同じ九四フェリーの2月に就航したばかりの‘シャトル豊予’が三崎を目指して海峡を進み始めていました。

|

« Lunch @ ひるねこ食堂 友泉亭 | トップページ | ドライブ中の風景 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の船旅:

« Lunch @ ひるねこ食堂 友泉亭 | トップページ | ドライブ中の風景 »