« 豚まんのお伴 | トップページ | Lunch @ カフェテリア アルポルト 天神 »

筌の口温泉共同浴場 @ 九重

2012. 8.26

牧ノ戸峠を後にして、温泉へ。向かった先は筌の口温泉。共同浴場には駐車場がないので、左隣にある旅館‘新清館’さんの駐車場を利用させていただきます。駐車料200円は、駐車場の隅に設置された箱の中へ。
Imgp0962 ちなみに、こちらが‘新清館’さんの露天風呂。広々としていて解放感た~っぷり、とっても雰囲気のよい露天風呂でした。(2006年5月撮影)
Imgp1305

さて、‘新清館’さんの駐車場の右側にある小路を歩いて行くと、その突き当りに男女別の内湯のある共同浴場があります。受付けのおじさんに入浴料200円/人を支払って入場。


Imgp1295 湯船はゆうに20人くらいは入れそうな広さの長方形。やや緑がかった黄土色の濁り湯がなみなみと注がれています。かなりの 鉄臭はありますが、柔らかで肌に優しいお湯です。
雨の中の登山で思いの外、身体が冷えていたようで、しばし首の部分までお湯に包まれていました。うっとりとするような心地よさ、下山後の温泉はほんと最高


Imgp1302 惜し気もなく、じゃあじゃあ流れて行ってます。何という贅沢な掛け流し神経痛、胃腸病等に効果があるのだとか。


Imgp1298 湯口は一番奥。温泉の成分で洗面器も茶色く染まっています。入浴時に使用したタオルもこの温泉色に染まってしまいました。


Imgp1300 湯口に付着した温泉成分。濃そ~
この共同浴場は24時間営業らしく、時間を気にせず、いつでも気軽に立ち寄れるのが嬉しいところ。


Imgp1306 道路を挟んで向かいにある‘ふるさと資料館’の前には、昔懐かしい丸ポスト。現在は、右隣の角ポストに道を譲っている様子.....。


Imgp1307 筌の口橋の上から見る鳴子川。‘新清館’さんの横を流れています。


Imgp1309 橋の手前にあるバス停の時刻表。マイカーでなければ、アクセスは.....なかなか難しそう。

|

« 豚まんのお伴 | トップページ | Lunch @ カフェテリア アルポルト 天神 »

湯を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筌の口温泉共同浴場 @ 九重:

« 豚まんのお伴 | トップページ | Lunch @ カフェテリア アルポルト 天神 »