« 見上げると..... | トップページ | Lunch @ かに本家 那の川 »

従姉に教わったこと

2012. 8. 2

Img_5505 こちらに来て、初めての博多駅。夏空が眩し~い。


Img_5503

駅博多口側には黒田武士の銅像。左手には名槍日本号、右手には大盃。銅像下には、有名な‘黒田節’。さけはのめのめ、のむならば~♪
それにしても、暑いです。陽射しが痛いです。寒さも度が過ぎると痛いけれど、暑さも同じなんですね。九州の太陽はほんと、強烈です日焼け止め塗っていても、結構焼けちゃいます。


Img_5501_2待ち合わせの相手は、広島に住む従姉。仕事で福岡にやって来るというので、ランチがてら急きょ会うことになりました。帰りの新幹線の時間もあり、JR博多シティ、アミュプラザ博多内の‘加賀屋’にて、ちょっと贅沢な‘和牛ヒレ ステーキ御膳’のランチ。
一歳上の従姉と会うのは6年ぶり、ちょっとドキドキしましたが全然変わってなくて、すぐにわかりました。ただ一つの変化と言えば、長~い髪。10年後の自分を想像したときに、彼女的にはロングヘアはありえないと考え、ならば今しかないと伸ばしてみたのだそうです。忙しいスケジュールの中、今回連絡をくれたのも、‘今回逃がしたら、もうしばらく機会がないかもしれない’と考えてのこと。‘もったいないことはしたくない。’というのがモットー。そんな彼女がもう一つ、常に考えていることが‘いかに楽しく生きていくか’。例えば.....。彼女は3年前に父親を亡くしているのですが、ありきたりの葬儀はしたくないと葬式にエンターテイメント性をもたせて、集まった人々とともに笑いながら父親を見送ったそうです。そんな彼女から届いた喪中はがきも、伯母(彼女にとっては母親)が描いた穏やかな表情の父親像が大きく印刷されたものでした。‘ただ亡くなったという事実だけでなく、父親がどんな人物だったか少しでも思い出して欲しかったから.....。’と彼女。‘周囲の人から見たら変って思われるだろうけどね。’と笑う。私は、そんな彼女のやり方が、好きだ。


Img_5508 彼女からの広島土産、‘もみじまんじゅう’。こしあん、つぶあん、抹茶あん、カスタードクリーム、チョコレートクリームの欲張りセット。懐かしかったなぁ.....。

‘ま、いいか。’で日々流されていくのはとっても楽。だけど、‘どうしたら楽しく過ごせるだろう?’、‘自分は今、もったいないことしてるんじゃないだろうか?’と、常に考えながら過ごしているといつもの日々が少し変わってくるかも知れない.....?


 

|

« 見上げると..... | トップページ | Lunch @ かに本家 那の川 »

日常のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 従姉に教わったこと:

« 見上げると..... | トップページ | Lunch @ かに本家 那の川 »