« 紅茶豚なるもの | トップページ | みそ汁絵日記 »

宗像大社へ

2012. 7.22

久しぶりのの日曜日、宗像(むなかた)大社に出かけてきました。広大な駐車場の正面には、立派な祈願殿。

Img_5384

この鳥居の先に心字池があり、池に架かる石橋を渡って本殿に向かいます。


Img_5386

神門に向かって右には祓舎(はらえしゃ)。


Img_5412

左には手水舎。


Img_5411

空間的にかなり余裕のある手水舎、比較的新しいのでしょうか、デザインもちょっとおもしろいです。


Img_5410

神門の奥に拝殿が見えています。


Img_5390

拝殿内部の様子。お賽銭箱の前面には、皇室の菊花紋、十六八重表菊。皇室の御祖先である天照大御神の三柱の姫神をお祀りしているからでしょうか.....。


Img_5391

拝殿と本殿を側面から見たところです。


Img_5388

拝殿の左には儀式殿。


Img_5392

拝殿・本殿を囲むように末社が23ほど並んでいますが、これは約300年前につくられたものだそうです。


Img_5397

本殿の右奥には御神木である楢の木。写真では上手く迫力が出せませんが、なかなか立派な枝ぶりです。


Img_5395

九州地方の梅雨明け宣言はまだ出されていませんが、もうすっかり夏の空.....。


Img_5408

御神木の傍に鎮守の杜に抜ける小路があり、小路に沿って歩き、分岐を左に折れると、鎮守の杜を挟んで、ちょうど本殿の裏手にあたる場所に、‘第二宮’と‘第三宮’がありました。
宗像大社に祀られる三女神のうち、長女・田心姫神(たごりひめのかみ)、次女・湍津姫神(たぎつひめのかみ)は、それぞれ沖ノ島の沖津宮、大島の中津宮、玄界灘の洋上に鎮座。三女・市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が祀られているこの地、辺津宮(へつぐう)を第一宮と称し、その境内地に田心姫神と湍津姫神の分霊をお祀りしているのだそうです。正式にはこの三宮を総称して宗像大社というようです。
10月1日に開催される‘みあれ祭’では、市杵島姫神が姉である田心姫神と湍津姫神をお迎えすることになっていて、三女神それぞれの御輿を載せた3席の御座船を中心に大規模な船団が周回するようで、ビデオで見てもなかなかの迫力実際に見てみたいなぁ..... また、境内にある神宝館では、‘海の正倉院’とも呼ばれる沖ノ島からの出土品(古代からの三女神への信仰、大和朝廷の時代から戦国時代にかけての対東アジア交渉を反映するもの等々)を中心に数多くの国宝が展示されていて、とても見応えがありました。また、玄界灘のほぼ中央に位置する沖ノ島は、日本海海戦が繰り広げられた場所でもあり、当時の神職がその戦況を詳細に残した記録も展示されていました。

Img_5399

さて、鎮守の杜の分岐をまっすぐ奥に進むと.....。


Img_5401

宗像大神ご降臨の地と伝えられる‘高宮’があります。全国的にも数少ない古代祭場の一つで、宗像大社の中でも、沖ノ島と並び、最も神聖な場所なのだそうです。
暑い日でしたが、この場所では、木陰の中、海からの風が吹き抜け、とても心地よい空間でした。神聖な場所をこのように表現するのは不謹慎かも知れませんけど.....


|

« 紅茶豚なるもの | トップページ | みそ汁絵日記 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗像大社へ:

« 紅茶豚なるもの | トップページ | みそ汁絵日記 »