« 玉ねぎに感謝 | トップページ | パエリア・パーティー @ 姪の浜 »

Lunch @ 伊都安蔵里(いとあぐり) 糸島

2012. 7. 8

福岡市の中心部、天神のあるビルの一角で、7月いっぱいの期間限定で無農薬/低農薬の野菜の販売が行われています。その野菜が美味しくて、その味に誘われるように、主な産地である糸島に行って来ました。福岡県の最西部に位置する糸島と言っても、島ではありません。は、渋滞がなければ、我が家から40分くらいで行けるところ。今回私たちが訪れたのは、その糸島の‘伊都安蔵里’というところです。因みに、‘伊都’は‘魏志倭人伝’の中にある倭国内の一つの国のようです。
Img_5319 昭和初期の古建築、醤油店をリノベーションした建物は結構大きくて、手前左側は野菜や加工品の販売コーナー、右奥はカフェになっています。


Img_5316 入店してすぐのところには鉢植えが並び.....。


Img_5314

奥は物産館のような感じになっていて、野菜や調味料、昔ながらのお菓子やお茶等々が販売されています。


Img_5315 店内は照明を控え気味にしているので、自然光がより明るく見えます。


Img_5312

さて、今日はカフェではなく、お店の奥にあるお食事処で‘安蔵里健康御膳’をいただくことにしました。化学調味料を一切使用せず、無農薬/特別栽培の新鮮野菜の素材本来の力を活かしたお料理で、心身ともに健康になって欲しいという願いがこめられているのだそうです。


Img_5309 渋滞に引っかかってしまい、ここに到着する頃には13時をまわってしまっていました。それでも満席で、しばらく待つことに.....。
二間続きの和室には、大きめの和卓が6つほど並べられています。隣の席が空いて、次の方が案内されるまでの一瞬に撮影。お店というよりも、田舎の親戚の家に遊びに来たといった感じの店内、心落ち着く素敵な空間になっています。


Img_5304 最初に出されたのは、ヤーコン茶。腸をきれいにして、血液をサラサラにしてくれるのだそうです。味はクセがなく飲みやすいです。


Img_5310 そして、こちらが‘安蔵里御膳’(1,000円)。メインが大豆のハンバーグ、赤じそソース。添えられた野菜は、オイルの入っていない手づくりの青じそドレッシングでいただきます。さっぱりとした酸味と青じその香りが食欲を掻き立てます。きゅうりと黄パプリカの塩麹和え、新じゃがのあんかけ、野菜の炊き合わせに、ご飯、味噌汁、お漬物がついてきます。塩麹和えはシンプルですが、素材がよいので、さっぱりと美味しくいただけます。炊き合わせも薄味なだけに、素材の味が楽しめて非常によかったです。ご飯は、玄米か白米かの選択。おかわりは、一杯につき+100円で。デザートは、バナナのシロップ漬け、ミントの葉っぱ添え。豪華ではありませんが、とっても贅沢な昼食でした。
中旬にはまたメニューが変わるとのこと、楽しみです。

伊都安蔵里⇒http://itoaguri.jp/

|

« 玉ねぎに感謝 | トップページ | パエリア・パーティー @ 姪の浜 »

食*九州グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lunch @ 伊都安蔵里(いとあぐり) 糸島:

« 玉ねぎに感謝 | トップページ | パエリア・パーティー @ 姪の浜 »