« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

両神山の花

2012. 5.26

両神山はアカヤシオで有名な山で、時期的には少し遅かったのであまり期待はしていなかったのですが、予想外に花の多い、楽しい山でした。出合った花のいくつか.....。
Img_5137 ヤマアジサイ


P1000802

ヤマツツジ


P1010703 ミヤママンネングサに似てる.....?葉っぱがちょっと薄いけど.....。沢の傍に群生していました。


Img_5142 フタリシズカの蕾はまだ固く.....。


Img_5159 花はシオガマ系のように見えますが.....?恥ずかしがり屋さんのようで、葉っぱの下にひっそりと.....。


P1010687

キケイマンでしょうか.....?


P1010662クワガタソウもたくさん咲いていました。


P1010690

イワツメクサ


P1010706ラショウモンカズラ。中腹辺りの群生はすごかったです。


P1000882

マムシグサ


P1010704

鈴生りの蕾、この花は.....???


Img_5169

ユキザサ


Img_5184 サクラソウ?清滝小屋近くに咲いていたので、自生ではないかも知れません。


P1010698 同じく清滝小屋の傍にて。ヤマオダマキ。


Img_5187

シャクナゲ


Img_5191_2 ミヤマエンレイソウ。花は終わった後でしょうか.....?


Img_5189 ニリンソウの群生も見られました。


P1010639

ミヤマキンバイ


Img_5199 ミツバツツジ。稜線ではまだ蕾でした。


P1010640

フデリンドウ。あまりに小さくて、見落としてしまいそう.....。


Img_5212 日光浴中のアカヤシオの残り花。やっぱり、ここではこの花、見たいですよね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

両神山へ

2012. 5.26

引越し前はバタバタしていたので一つ、忘れてました~ 前後してしまいますが、5月に両神山へ行ったときのことをアップしちゃいます。
この前夜も、ぐずぐず&のろのろしていて、家を出る頃には既に22時をまわってしまっていました。あまり遠出する気にもならず、比較的近い埼玉県の両神山に行くことに。登山口の駐車場にていつもの車中泊のつもりが.....。駐車場は緩やかな斜面になっていて、‘これじゃ眠れないっ’とパニくる相棒さん。ほとんど眠れないまま、登る前からヘロヘロ~の出発となってしまいました。

Img_5134 昨夜のうちに到着しておいて正解だったようです。6時には小さな駐車場は満車ここから少し上がったところにも更に小さな駐車場、それに男女別のお手洗いがあります。


Img_5152

新緑の森もそろそろ目覚め始め.....。あ~、朝の空気はやっぱり気持ちがいいなぁ~


Img_5261 途中、2、3回、沢渡り。


Img_5262 透明度の高い、冷たい水でした。


P1000839 幸せの青い鳥との出合いもとても美しい色で目立つのですが、動きがすばしっこくて、写真に収まってくれません。相棒さんが何とか捉えることのできた写真がこちらわかるかなぁ.....


Img_5165 少し高度を上げた頃、足元を見ると、うぬっ 不思議な模様.....何の葉っぱだろう.....?


Img_5176

2時間も歩くと、森の中にもたくさんの光が注ぎ込むようになりました。


Img_5182 間もなく、清滝小屋に到着。ここから見上げる木々の新緑は....明るい~


Img_5186

両神山は古くからの信仰の山、かつては女人禁制だったとか.....。登山道では、多くの石仏がお出迎えしてくれます。清滝小屋の裏にも.....。傍には、ちょうど満開の石楠花。


Img_5198 登山道からの展望はあまりなく、清滝小屋から15分程度の場所までやって来て、初めて展望がちらり まだまだ先は長いぞ~


Img_5201 さらに30分ほどで、イザナミ、イザナギの両神を祀る両神神社に到着。この左側には、休憩にちょうど良い、日陰のテーブルとベンチ。私たちも下山時、昼食に使わせていただきました。







Img_5211 鎖場をクリアし、木の根道を歩き.....稜線に出ました。もう少し早ければ、アカヤシオのトンネルの中を歩けたのかも.....?それでも少し花が残っていてくれて、感激


Img_5216 両神神社から登ること35分、ここを登り切ると.....。


Img_5223 標高1,723mの山頂です。
登頂してすぐ、「あ虹っ.....。」という声がしたので、空を見上げると.....。


Img_5221 彩雲です気がついた次の瞬間から、どんどん色が薄れ、間もなく消えてしまいました。
ほんのわずかな時間、見ることができてラッキーでした


Img_5229 狭い山頂には、別の登山口からやって来た人々も次々合流、あまりゆっくりできる雰囲気ではありません。早々に下山することにしました。山頂のアカヤシオの木、幹は折れてしまっていますが、枝に花が残っていました。


P1010686_2 睡眠不足の身には少々きつかったけれど、花を愛でながら、新緑の中を歩く7時間半の山歩きは、やはり楽しいものでした。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西へ.....

2012. 6.16-17

16日、土曜日の15時過ぎに東京を出発、‘One-way’のロング・ドライブの始まりだ。中途半端な時間だからか、渋滞もなく高速道路は順調に流れていた。途中、京都の手前辺りから神戸にかけて、断続的に激しい雨に見舞われる。深夜のため、走行車が多くないのがせめてもの救い.....。広島を通過したころには、睡魔との闘いもそろそろ限界、宮島SAにて仮眠をとることにする。2時間後に目覚めると、周囲は明るくなっていた。曇ってはいるけれど、山陽独特の明るさが懐かしい。更に西へ向かう.....。
Img_5282 そしてこの橋を渡ると.....目的地はそう遠くはない。


Img_5285 新居の大掃除の合い間にいただいたランチ。これからしばらく暮らす街での最初の食事だ。‘とんこつ’=濃厚というイメージをもっていたけれど、意外とあっさり。


Img_5291

後日、区役所に転入手続きに行った際、利用させていただいたトイレ。個室の目の前に貼り出されていたのは、‘減酒のヒント’。
そう、ここは福岡.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただ今.....

2012. 6.14

Img_5278 ぱんださんたちに囲まれて、手、足、口を動かして.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ EAT 渋谷ヒカリエ

2012. 6. 6

4月26日にオープンして1ヵ月ちょっと、そろそろ落ち着いてきた頃かなと思い、‘渋谷ヒカリエ’へ行ってみました。1階から上へお店巡りをしようとウィンドウショッピングをしていたのですが、「お昼、混雑しちゃうんじゃない?早めにお昼にしようよ。」と11時過ぎにレストラン・フロアに足を運ぶと.....あちらこちらのお店で、既に待ち行列ができてしまっていました。
Img_5271 あちらこちらウロウロして、それほど待たずに済みそうな、7階‘Table 7’にあるカリフォルニアスタイルダイナー、‘EAT(イーエーティー)’へ。外苑前店に続く2号店なのだそうです。サンドイッチやバーガーがメイン。


Img_5266_2 まずは友達のチーズバーガーが登場目にした途端、サンドイッチにしておけばよかったかなぁ.....と、ちょっと後悔。


Img_5267 しばし遅れて、私が注文したグワカモレ(アボガド)バーガーが到着。サンドイッチ、バーガー類にはフライドポテトが添えられますが、あまり塩味はついていません。なので、アメリカンスタイル?で、ケチャップをつけていただきます。


Img_5270 バーガーは、バーガー袋に入れて。それにしても、ぶ厚いです。どうしたものかとしばし思案.....していても仕方ないので、とにかくガブリ
1,000円オーバーのバーガーってどんなもん?って思っていましたが、バンもお肉も焼きたてで、美味しかったです。
ただ問題は、とにかく食べにくいレタスの量も半端じゃないです。味・食感的にはナイスなんですけど.....。このところバーガーとはすっかりご無沙汰の私、ソースはボトリ落としてしまうし、気がついたら、バンがなくなって、トマトとハンバーグが袋の底に雪崩落ちていました 
食べることが大仕事になってしまうハンバーガー店ですが、意外にも女性客の方が圧倒的に多かったです。ま、ヒカリエ自体、女性客が多いんですけど.....。
Img_5272 女性客を意識して、雑貨やキッチンツールのお店が多いヒカリエ店内は、おしゃれ。例えば.....お手洗いに向かう途中見かけた壁のデコレーション。白い木の額縁?から生えているのは観葉植物。ユニークですね。でも植物的にはどうなんでしょう.....


Img_5274 今日のお土産は、地下の食品フロアの‘ル・パン・ドゥ・ジョエル・ロブション’から。パンは買わないつもりでいたのですが、お友達がゲットしていたのがあまりにも美味しそうだったので、誘惑に負けちゃいました~
ガレットブレッサンヌ です。うっすらとグラニュー糖を振りかけて焼かれたパンもふわっと柔らかく、焼き色のついたクリームチーズは滑らかでありながら、レモンの酸味の効いたあっさり軽めの味。さすがジョエル・ロブション、やっぱり美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »