« 弥彦神社 | トップページ | 角田山Ⅰ 五ヶ峠コース »

多宝温泉 だいろの湯

2012. 4.14

弥彦神社の駐車場で車から何やら液体が漏れ出しているのを発見仙台のときの悪夢が蘇る..... 慌てて最寄りのメーカー店へ。結果、異常なしほっ.....フロントガラスに受けた雨水が落ちているだけとのこと。愛車の構造を理解していなかったのが騒ぎの元。どうもお騒がせしました.....m(_ _)m
その後、日帰り入浴施設、多宝温泉‘だいろの湯’へ。味は悪くないけれど、ちょっと割高な感じのする夕食を済ませてから、温泉へ。3本の源泉(しかも源泉100%の掛け流し)をもつ、大規模な入浴施設。入館料800円と引き換えに、フェイスタオルとバスタオルが入ったバックを渡されます。

Img_4282

利用客が多かったので写真はこれのみ。外観も暗闇の中だったのでギブアップ。
男女別で、それぞれの源泉ごとに3つの湯船があります。しかも広い天然温泉のため、その日の気温や気象条件で温泉の色が変化するそうですが、私たちの訪問時には、内湯と露天風呂が透明、半露天風呂が白濁していました。1号源泉が注がれた半露天風呂は、県下有数の硫黄量を誇る温泉だそうで、身体の中に染み込んだ硫黄の香りは帰宅した翌日も残っていました。露天風呂に使用されていた3号源泉は肌に優しく、長湯しても身体への負担を感じないなぁ~と思っていたら、人間の体液に近い成分の癒しの湯だとのこと。久々にいいお湯に浸かり、まったり過ごしました。休憩所も大広間と個室とあり、結構充実。これだけの施設なら、一日ゆっくりもありかなぁ.....。

‘だいろの湯’を後に、明日の朝食を求めて、コンビニを数軒はしご。夜間でも商品が補充されるだろうと思い込んでいた私たちにとっては、大きな誤算。たとえ商品が残っていても、明日の朝を待たずに賞味期限を迎えてしまうものがあったり.....。そんなこんなで思いの外時間をとってしまい、登山口に到着し、車中泊の準備が整う頃には23時をまわっていました。頭上には、久々に見る満天の星明日は、絶対に晴れますように.....

 

|

« 弥彦神社 | トップページ | 角田山Ⅰ 五ヶ峠コース »

湯を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多宝温泉 だいろの湯:

« 弥彦神社 | トップページ | 角田山Ⅰ 五ヶ峠コース »