« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

Lunch @ 松葉 椎名町

2012. 3.31

大暴れの風に、あ~あ今日はやめておくんだった.....と後悔することしきり。でも予約してしまっていたものは仕方ない。今日は、車の12カ月点検の日、購入したお店へ。1時間半くらい点検にかかるというお話だったので、お店近辺でお昼をいただくことにしました。
Img_3893 ここ椎名町にあったトキワ荘に手塚治虫が入居してきたのが1953年。建物は現存していませんが、手塚治虫が退去した後も多くの若手漫画家たちが集い、‘漫画家の梁山泊’と呼ばれるほどだったようです。


Img_3894 ‘トキワ荘’の跡地に一番近い南長崎の公園内にはこんな記念碑がありました。‘トキワ荘’のレプリカの下には、ここで過ごした漫画家たちが‘トキワ荘’のヒーローとして、また建物内の見取り図が紹介されていました。
ヒーローの中には、手塚治虫の他、寺田ヒロオ、藤子不二雄、鈴木伸一、石ノ森章太郎、赤塚不二夫等の名前がありました。


Img_3892 さて、この‘トキワ荘’通りにある中華料理店‘松葉’さんは、トキワ荘の漫画家たちがよく通っていたお店。多くの漫画に描かれて有名になったようです。という訳で、今日のお昼はここなんてミーハーなんだ.....


Img_3887 店内は、小さな4人掛けのテーブルが5つに、カウンター席があります。


Img_3888 メニュー札を見ているうちに、つい食べたくなって注文した餃子。ひき肉、ニラがぎっしり詰め込まれています。餃子自体は薄味。でも、結構好きな味です。


Img_3890 マイ・オーダーは味噌ラーメン。どっさりの野菜とワカメ.....あまりのボリュームにびっくり「入れるの忘れてましたー!」とお姉さんが後から小皿にのせて持ってきてくれたゆで卵ものっけて野菜の出汁が効いて、優しい.....昔懐かしい味です。


Img_3891 相棒さんが注文したのは、トキワ荘ラーメンライス。どんな料理が出てくるのかドキドキしていたら、本当にラーメンとご飯でした.....。こちらのラーメンは細麺、スープは白コショウがよく効いていました。


Img_3898 さて、車の点検の方は、もう少し時間がかかるとのことで、とりあえず、車を預け、電車で帰宅することにしました。
途中、池袋のデパートで買った‘堂島ロール’。もう何年も前に話題になっていたロールケーキですが、ようやく?味わう機会に恵まれました。ふんわり、しっとりとしたケーキは、カットするのに少々苦労しましたがしっかり冷やしておくと大丈夫かも.....、人気があるだけあって、やっぱりシンプルに美味しかったです。
それにしても、今日の暴風雨はすごかった~ お昼を済ませて、お店に戻ろうとした私たちの傘は2本とも、無残にも折れてしまいました 次買うのは、絶対ビニール傘木になっていた柑橘甘夏ですかね~?が吹っ飛んできたときはちょっと焦りました。開花している桜の花も見かけましたが、風にぶんぶん振りまわされて大変そうでした。お気の毒.....。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

春間近.....?

2012. 3.28

Img_3863 近所の公園を散策中、いい香りがするなぁ~と思ったら、いつの間にやら沈丁花が満開。
香木の沈香のような芳香と、丁子(クローブ)のような花をつけることからその名前がついたといいます。


Img_3866 桜の花もちらほらと咲いていましたが、これはソメイヨシノではなく、早咲きのカンザクラでしょうか~?少し赤みがかっています。


Img_3865

暮れゆく青空を背景に、ふわっと咲く薄紅色、優しい色です。そう言えば、随分日も長くなりましたね.....。


Img_3874

モクレン。オフホワイトの大きめの花は、開花するとかなりゴージャスですが、その前、これぐらいの開き具合のときも素敵


Img_3868

梅の花もまだまだ頑張って咲いています。


Img_3827

梅の甘酸っぱい香りも大好き奈良時代のお花見の主流は、中国から伝来したばかりの梅だったそうです。平安時代には桜に変わってきたのだそうですが.....。桜の方が咲くと迫力ありそうですが、香りもともに楽しめる梅もいいですよね.....。


Img_3871

肝心のソメイヨシノ。蕾がピンク色に染まって開花まであとひと息。楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予定外の.....

2012. 3.27

新宿のデパートに買い出しに出かけると.....。‘四国・山陽の観光と物産展’を開催しているようなので、ちょっと覗いてみました。何年か前、友達との間で話題になった‘霧の森大福’が出店していてびっくりダッシュしようとした私の目に飛び込んできたのは、‘売り切れ’の札.....。しょんぼり歩いていた私の目に入ってきたのは、きれいな‘うるめ干し’。にらめっこしていたら、お店のお兄さんが、「きれいでしょ?美味しいよ。」と声を掛けてくる。「今日までだからね。」え~今日が最終日なの~?思わず、ちりめんじゃこと併せて買っちゃいました。「最後だからおまけしとくよ!」とお兄さん。
Img_3856 別館の地下食品売り場で野菜を買い込んで帰ろうとしていたら見つけた、ホタルイカの特売ちょうど今朝のこと、TVで、中性脂肪量やコレステロール値を下げる効果ありと放送されたところだったので、これまた思わずゲット.....。とてもきれいなホタルイカ、酢味噌をつけていただきます。美味し~だけど、継続していただかないと効果ないんだろうなぁ~。


Img_3849 帰ろうと出口に向かっていたら、今度は‘わらび餅’が呼んでいる.....。和菓子もいいなぁ。時々無性に食べたくなってしまいます。迷っていたらまたもや、あの呪文.....「今日までなんですよ。」で、やっぱり買ってしまいました。京都嵯峨野は竹路庵さんのわらび餅。


Img_3854

一つ一つが大きいです。きな粉がた~っぷり。


Img_3857

黒糖を使ったわらび餅はコクがありながら、つるつるとした食感でいくらでも食べられそう.....。


Img_3882 こちらがうるめ干し。サイズは小さめですが、脂がよくのっていてふっくら美味しいです


Img_3881 そしてこちらがちりめんじゃこ。ともに山口産。こちらもお味は うるめ干しはフライパンでさっと炙って大根おろしを添えて、ちりめんじゃこはサラダに、そしてホタルイカ.....晩ご飯メニューは急きょ変更になりましたが、新鮮なものを美味しくいただけてよかったです。ごちそうさま~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気に育ってね。

2012. 3.25

しなくてはならないのに放置していたことの一つ = 鉢の植え替え。街中の運転に全く自信のない私にとって、まず鉢や土を買いに行くのが大きな障害となってしまいます。見て見ぬふりをしていたら、山椒と姫りんごがいっしょに芽吹き始め.....これはやばいっそれでも運転は嫌だ.....ということで、昨日、ひと駅向こうのお店に徒歩で買いものに行ってきました。
Img_3848 個人名が店名になっているお店は、コンロや火鉢の卸売業からスタートし、その後陶磁器や植木鉢を、そして園芸用品も扱うようになったのだそうで、それほど大きくないお店の右手前には苗木、左手前には土や鉢が、その奥店舗内には、食器類が並んでいるという不思議な雰囲気。そのお店で山椒用に選んだのがこの鉢。引越しのことを考慮すると、本当はプラスチック製のものの方が軽いし、割れないしでよいのでしょうけれど、やっぱり山椒にも快適に過ごしてもらいたいと素焼きのものにしました。下の方がかなりスリムになっているので安定感悪いかな?と思ったのですが、かなり厚みがある鉢で全体的にずっしりと重く、心配するようなことはありませんでした。なかなか気に入っています。この鉢を買うとき、‘○円ですね?’と値段を確認したら、店主さんが‘少しぐらいならおまけしますよ。’.....え~私、今、値切った~???ちょっとびっくりしました。鉢と土は昨夜、家に配達していただきました。

Img_3847 植え替えは、芽吹く前にするべきなのですが、タイミングを逃がしてしまったので、以前の土を少し多めに残して植え替えました。山椒はそれほど根を張っていなかったのですが、姫りんごが根詰まりを起こしていました。去年花がつかなかったのは、そのせいだったのかなぁ.....。鉢から取り出すのも一苦労、根をほぐすのも大変.....。‘ちゃんとケアしてよ’と姫りんごに叱られているようでした。ごめんなさい。m(_ _)m


Img_3845 根をほぐし、カットするときには注意したつもりですが、今回の植え替えが負担になっていないか心配です。
山椒。去年は、料理に使う前にほとんどアゲハチョウの幼虫にムシャムシャされちゃったので、今年はしっかり監視したいと思います。これまで10年くらい、あちらこちらでいっしょに暮らしてきましたが、虫がついたのは去年が初めて。一階だからかなぁ~


Img_3844 姫りんご。このまま無事成長して、今年は白い花と赤い実をつけてくれるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ フォルケッタ 高田馬場

2012. 3.25

Img_3834 駅近くのビル2Fにあるイタリアンへ。


Img_3833 ‘フォルケッタ’がお店の名前、イタリア語で‘フォーク’を意味するのだそうです。相棒さんとの間の通称は‘がっつりイタリアン’、‘フォルケッタ’には‘食いしん坊’という意味もあるのだとか.....。


Img_3828 店名のとおり、このお店のランチコースはなかなかのボリュームです。通常の半分の量で出してくれるコースもありますが、料金は同じです。手間は同じってことなんでしょうね。
まずはサラダ。パンがついてくるのは、ハーフ・サイズのコースのみ。いつも甘めのバターがついてきます。今回はいちごが入っていました。


Img_3829 パスタは数種類の中から選択。パンチェッタと玉ねぎの入ったトマトソース。玉ねぎの甘みがよいお仕事をしています。


Img_3830 どうせなら違ったソースのものを選べばよかったのですが、気がつくと、同じトマトソースを注文していました。ナスとサラミ入り。イメージしていたサラミではなく、柔らかいソーセージのような感じでした。
実は、こちらがハーフサイズなのですが、遠近法の関係でこちらの方が量が多く見えています。とは言っても、やはり半分よりは多いように思います。このお店のパスタは手打ちだそうで、もちもちした食感が楽しめます。


Img_3831 メインはかじきのソテー、これもまたトマトソース.....でした~。ジャガイモとロマネスコ添え。ソースの下には菜の花も隠れています。
全体的にちょっと味が濃いめなのですが、味付けは悪くないです。最後に飲みものがついて、1,300円。リーズナブルだと思いますが、いかがでしょう?


Img_3837 食後、おとめ山公園を散策してきました。サンシュユの黄色が青空に映えています。


Img_3838 何の木かわかりませんが、裸木の中にあって芽吹き始めた木も.....。
今日は晴れたり、曇ったり、何だか忙しい天気の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューフェイス? ‘ひめのつき’

2012. 3.21

柑橘類をはじめ、くだものは大好き。近所の八百屋さんで、聞き慣れぬ柑橘を発見まるで洋菓子の名前のようだけど、その名は‘ひめのつき’。黄色くて丸いお月さまのイメージから来た名前なんだそうです。‘アンコール’と‘日向夏’をかけ合わせて生まれた愛媛オリジナルの新種.....と聞いたのですが、調べてみると2006年の7月には既に品種登録されていたようです。首都圏で広く出まわり始めたのが最近なのかな.....?
Img_3851 Lサイズのみかんと同じくらいか、やや大きめ。見た感じは、日向夏っぽい。酸味の強そうなイメージですが.....。



Img_3853 手でも簡単にむけますが、半分に切ってみると.....色は少し薄めながら、アンコールに近い感じです。種はやや多め。しっかりとした内袋なので、あごの運動にももってこい
肝心のお味ですが、酸味はほとんど感じません。さっぱりとした甘さでジューシー、あと味もよいです。
年末に帰省したときにいただいた‘紅まどんな’も、その美味しさに感動したものですが、新しい柑橘が次から次へ登場するのはどうしたことでしょう?目新しいものを好む消費者のニーズに応えるため.....?ということであれば、売り手側、みかんのつくり手側の皆さんはほんと大変だろうなぁ......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Late Lunch @ 紅葉屋本店 高尾山口

2012. 3.20

お昼を食べそこなった状態でウォーキングを始めた私たち。前方からやって来るハイカーたちのほとんどが手にしていた白いビニール袋.....何だろう?気になるなぁ.....
Img_3783 おそらく、それはこのお店で購入したものと思われます。道沿いにあったお店はここぐらいだったもんなぁ.....。後で調べてみたら、この峰尾豆腐店さん、人気のお店らしいです。‘裏高尾の里 するさしの豆腐’とのぼりに書かれていますが、‘するさし’=‘摺差’は、この辺りの地名のようです。


Img_3784 お店で購入したのが、このおからドーナツ。5コ入りで350円。これでおからが入ってるの~?と疑いたくなるような食感は、ふんわり、もっちり。油っこい感じはなく、甘さも控えめ、素朴な美味しさがよかったです。買ったときにはまだ温かかったのですが、冷めてもしっとり、もっちり感は続いていました。


Img_3823 歩きながらドーナツ1コずつお腹の中に入れましたが、やっぱり何か食べたいね.....ということで、帰りは高尾山口の駅の方へ。駅前は、意外に混んでいました。登山服の人もいれば、普通に観光に来たような格好の人もいます。
駅周辺にはお蕎麦屋さんがいくつかありますが、前回、高尾山に来たときにおじゃました‘紅葉屋本店’さんへ再び行ってみました。
15時を過ぎているというのに、店内はほぼ満席。ちょっと驚きました。


Img_3818関西風?のお出汁が効いたおでんです。よく煮込んであって、美味しいです。


Img_3819 相棒さん注文のざるそば。大盛りにしては、量はそれほど多くはないです。細麺のそばは、もっちりしています。


Img_3821 私が注文したのは、とろろそば。非常に粘りのあるとろろでした。おでん同様、お出汁が効いていて美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏高尾の春は.....?

2012. 3.20

の祝日、裏高尾に出かけてきました。裏高尾にはいくつか梅林があるようですが、その開花状況は不明。八王子市のHPによると、‘梅まつり’は先々週末既に終わっているし、1,400本もの梅が植えられている木下沢梅林では、今日まで特別開放を行っているとの情報に、‘まぁ~、遅れてるって言っても、一般開放が今日までということなら、多少は咲いてるんでしょ.....’と期待を胸にGo
Img_3774 おお咲いてますよ~。小仏関跡の紅梅とサンシュユ、赤と黄色の組み合わせが新鮮です。


Img_3776太陽の光をたっぷり浴びて、ぴかぴか


Imgp3854 蕾.....まるっこくてかわいいですね~


Img_3777 電線が入っちゃうんですけど.....こんな感じで咲いていて、これならと、テンションも
.....が、梅がいい感じに咲いていたのは、この辺りのみ 道沿いに梅の木はあちらこちらにあるのですが、まだほとんど花をつけていませんでした。


Imgp3866

仕方ないので、車道沿いに咲く人家の花を撮らせていただきました。ぎゅっと寒さに固まっていたミツマタはほどけ始めたばかり。最奥の木下沢の梅林まで.....と思っていたのですが、前方からやって来たカメラマンのおじさんに訊くと、‘まだ、全然咲いてなかったよー’とのこと。やっぱりなぁ.....。そうだろうなぁ.....。という訳で、途中から引き返すことにしました。


Img_3788 車道は、バスや車が行き交って落ち着かないので、帰りは小仏川沿いの遊歩道を歩くことに。水は結構きれい。


Img_3789 椿だって、ようやく開き始めたところですもんね。やっぱ、フライングだなぁ。


Img_3790 高尾天満宮の辺りは、日当たりのよい斜面になっていますが、このとおり、ほとんど花はついていません。でも、満開になったら見応えあるんだろうなぁ.....。残念


Img_3794 遊歩道の傍で、アズマイチゲのペアを見つけました。風に激しく揺れて、なかなか写真に収まってくれません。


Imgp3889 ヤマエンゴサク?でしょうか.....。花がないので、こんな小さな花でもあれよあれよと人が集まって来て、ちょっとした撮影会になってしまいます。


Imgp3885 木の根元で、相棒さんが美しい瑠璃色の実を見つけました。ネットで調べてみると、‘ジャノヒゲ’のようです。


Imgp3893 林の中を抜けて、陽当りのよい河原へ出てきました。足元には、小さな星がいっぱい。


Img_3804

そう、春の花、イヌフグリでした。


Img_3805

林を抜けた川沿いにも梅の木がずっと植えられているのですが、見頃を迎えていたのはこの白梅と.....。


Img_3814

この紅梅くらいですかね~。でも、川沿いの梅がすべて満開になったら、いかにも春~って感じの景色になりそうですね。観梅ウォーキングには、まだ少し早かったようで..... 今日のような陽気が続けば、一週間後くらいには、春色に彩られた裏高尾を満喫できるのではないでしょうか.....?


Imgp3920 ネコヤナギも光を浴びて、銀色に輝いていました。
Imgp3918

花穂も見られます。

Img_3816

結局、一番の見頃を迎えたいたのは、小さな公園に並んで植えられていたこの紅白梅でしょうか.....?
八王子市のHPを今、再びチェックしてみると、木下沢梅林は、今週末も特別開放されるようです。開花情報も併せて載せてもらえると嬉しいんだけどなぁ.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週が明けると.....

2012. 3.19

Img_3768 週末が終わるとこの青空 いつものパターンだけど、こんな青空、たまには週末に見たいっ


Img_3769 近所の 美人梅も今日の陽気で開花を始めました。


Img_3770 さて、今晩はパンを焼きました。と言っても、焼いてくれたのはホームベーカリーですが.....私は材料を入れるだけ! 4~5日に一回の割合でパンを焼いています。家でつくった方が材料が明確で安心感があるし、経済的だし.....。


Img_3772以前は全粒粉を使っていたのですが、やっぱりちょっと口当たりがイマイチなので、国産強力粉に変えました。定番は、クルミ、レーズンに、リンゴを加えたもの。リンゴは、ひと口大にカット、お酢を振りかけてレンジでチンしたものに、シナモンをたっぷりまぶします。何度もつくっていますが、なぜか飽きが来ないんですよね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄り道散歩

2012. 3.18

お店を出て間もなく小雨が降り始めましたが、せっかくなので、菅刈公園、西郷山公園と寄り道しながら渋谷まで歩いてみました。どちらの公園も、元は豊後竹田城主中川氏の抱え屋敷だった場所で、明治になって西郷隆盛の弟、従道が兄の再起を願って購入した、かつては西郷家の土地だったところにあります。
Img_3748 目黒川の桜の蕾、少し膨らんできています。今年は春の訪れが遅かったけれど、この様子だと例年と同じくらいの時期にお花見できるのかな.....?


Img_3749 西郷山公園に河津桜の木があるのは知っていましたが、菅刈公園にもあったんですね。遊具の傍で、ひっそりと雨に打たれていました。


Img_3754 和館前の芝生には、色違いの梅がちょうど満開を迎えていました。異なった色が集合すると、とても華やかに見えます。近付いて行くと、濃厚な梅の香りに包まれます。


Img_3755 西郷山公園の梅、こちらも紅白梅が咲き競って、甘い香りを辺りに漂わせています。今年の紅梅が特別色鮮やかに感じるのは、気のせいでしょうか.....?


Img_3767 西郷山公園の河津桜。記憶の中の木よりも、幹は太く、枝を大きく広げています。


Img_3761 伊豆の河津桜が例年より随分遅れて、今満開というニュースをちょっと前に見たので、こちらも.....と思って寄り道してみましたが、木の下の方は開花しているものの、上半分くらいはまだまだ蕾が多かったです。
香りはないのですが、春を引き寄せてくれそうな色彩の愛らしい花でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ ソラリア 東山

2012. 3.18

またぁ~、テンションこうなったら、美味しいものでも食べて気分しなくっちゃね~ と、伺ったのは東山のイタリアン、‘ソラリア’。1年ぶりの訪問です。
Img_3735 フォカッチャとトスカーナパン。フォカッチャの上に乗っけられているのは、能登島産あやめ雪カブ。甘みとコクがあって美味。それにしても、フォカッチャにカブなんて、よく考え付きましたね~。この後、おかわりで出てきたフォカッチャには、プチトマトが乗っかっていましたが、甘み、酸味がしっかりしていて、これもまた
好みでオリーブオイルをつけていただきます。このオリーブオイル、見た目も美しいオリーブグリーンですが、香りが高く、味も濃厚で、とっても存在感があります。


Img_3737 相棒さんと私とで、異なったコースをオーダーしてしまったので、料理も微妙に異なっています。ややこしくて、ごめんなさい。m(_ _)m  熊本産塩トマトとフランス産ピサンリ(遮光栽培のタンポポの葉)の前菜は、酸味の効いたドレッシングで。
ピサンリは初めてでしたが、ほのかな苦味とシャキシャキとした食感がいいですねぇ~。春を感じ、冬の間眠っていた身体の細胞を目覚めさせてくれる、日本の山菜のような感じでしょうか.....。


Img_3736 相棒さんの方には、先ほどの前菜の上に豚の背脂がトッピングされています。クセはなく、口の中に入れるととろ~っと融けます。ピサンリの苦味とドレッシングの酸味をマイルドにしてくれます。


Img_3738 青森産ヤリイカと千葉産菜の花のバターソテー、マスタードソースで。これ、めちゃうまです。香りもすばらしくよいのですが、食べるとイカの甘みが口の中に広がって幸せな気分になります。


Img_3739 茨城産ホロホロ鶏と名のなきフランス鶏のテリーヌだっけ?、チコリ添え。テリーヌはほろほろと簡単に崩れるような感じでした。チコリの苦味がまたいいですね~


Img_3740 トリッパ入りのトマトソース.....もっちりとしたうどんのようなパスタまた名前忘れちゃいましたー!テープレコーダー必需品かも.....?


Img_3741 青森産ヤリイカと石川産プチベールのトマトソースリングイネ。しっかりとしたパスタの食感、イカの甘み、プチベールのほんのりとした苦味に、トマトソースの甘みと酸味が加わって、ほんと美味しいです。特に女性が好みそうなお味でした。


Img_3744 青森下北産サクラマスのソテー、添えられた能登島産の野菜のはどれも◎でしたが、特に白サツマイモと辛味大根はとっても美味
サクラマスは、皮がパリッと焼かれていて香ばしく、中はふわっとした食感。プチベールのソース.....だったかな?


Img_3745 デザートの盛り合わせは、ティラミスのジェラート、マツの実のタルト、そして蜂蜜を使ったパンナコッタ実は、この大ファンなんです。もちろん、ジェラートもタルトも、文句なしの美味しさでした。お店を出た後しばらく、マツの実の香りが口の中を漂っていました。
シェフお一人でやってらっしゃるのですが、ランチタイムでもお料理を下げる度にカトラリーを交換して下さるし、忙しいだろうに料理の説明もしっかりそのほとんどが抜けて行ってしまうのは、ほんと申し訳ないです。、質問にも気持ちよく対応してくれます。支払いのおつりは新札、領収書には‘御来店ありがとうございます。’の手書き、見送りは私たちの姿が見えなくなってしまうまで.....。料理はもちろん、サービスもすばらしいです。雨に沈んでいた心が、すっかり元気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バインミーサンドイッチ

2012. 3.17

このところ週末になると~それでも今日は、やらなきゃと思いながらずっと放置していたことを少しだけどクリアできたので、よしとしましょう。
ランチは、駅向こうにあるベトナムサンドイッチのお店で、‘バインミーサンドイッチ’を久々にテイクアウトしました。雨だというのに、小さなお店の前には列、相変わらずの人気店のようです。

Img_3731

一つは、3月13日から20日までの1週間、かつ1日20食限定の‘めざにゅーサンド’。フジテレビの早朝番組‘めざにゅー’で‘バインミーサンドイッチ’が紹介されたようで、番組とのコラボで生まれたメニューなのだそうです。これはレギュラーですが、ミニサイズもあります。


Img_3734

‘めざにゅーサンド’の断面です。自家製のフランスパンに、いつものように具材がぎゅうぎゅうに詰め込まれています。メインは豚ひき肉のオムレツ、それにレバーペースト、アスパラガス、チーズ、トマトが入っています。もちろん、なますとパクチーもパンも温めてあり、メインは注文後に料理してくれるので、時間を置かなければ、温かい状態で美味しくいただけます。


Img_3732

定番メニューからは、‘海老アボガド’を。こちらも野菜がてんこ盛り。パクチーが大の苦手の私も、ここのものだけは、なぜか美味しくいただけます。


 

Img_3733

海老はぷりぷり、アボガドはとろ~っ香りでは焼肉系(牛・豚・鶏)のものには太刀打ちできませんが、口にするとやっぱり美味しいです。こんな感じなので、食べるのがちょっと大変.....でもやめられない。見た感じでは、この美味しさは伝わらないかも知れないなぁ.....。
お店の壁に貼り出された雑誌の記事によると、カナダ留学中に‘バインミーサンドイッチ’と出合ってしまった店長さん若い女性ですが.....、すっかりハマってしまったのですが、帰国してみるとこれが食べられるところがごく限られていることを知り、ならばと自分でお店をつくってしまったんだそうです。すごい行動力ですねぇ.....。そのおかげで、私たちも‘バインミーサンドイッチ’をいただくことができるんですが.....。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tea Time @ ピエール・マルコリーニ 銀座

2012. 3.14

霞が関から日比谷公園を抜けて、銀座の‘ピエール・マルコリーニ’へ。以前にも伺ったことがあるのですが、整理券が必要だったようで、その整理券もその日分のものは配布終了ということで入店することができませんでした。が、後日、チョコレートを買いに行った際、ふらっとやって来たらしい女性客2人が2階の喫茶に案内されているのを目撃、お店の人に訊いてみると、店内が混んでいなければ整理券がなくても入店できますとのこと。そこで再度トライ今日はホワイトデイということで、1階のチョコレートを販売する店舗前には列ができていましたが、喫茶の方は少し待っただけで案内してもらえました。チョコレート・ブラウンで統一された2階の喫茶店内は、小ぢんまりとしています。カウンター席ならと案内されたのですが、ちょうど窓際の席が空いたので、そちらに移動させていただきました。屋根裏部屋にいるかのような、ちょっと不思議な、それでいて居心地のよい空間です。

Img_3721 本来なら、定番人気メニューのチョコレートパフェを注文したいところでしたが、それは暖かくなってからのお楽しみということで、今回はケーキセットを注文してみました。
こちらは友達がオーダーしたガトーショコラ、正式名は‘マルコリーニチョコレートガトー’、定番のようです。


Img_3719

私は、チョコレートガナッシュとオレンジのクリームブリュレの組み合わせが楽しめる‘ショコランジュ’。
どちらもサイズはかなり小さめ。ひと口いただいて納得チョコレートがとっても濃厚なんです。


Img_3722飲みものは、紅茶を。ケーキを最初にいただいたとき、飲み慣れなくても、コーヒーにしておけばよかったかなぁ.....とちょっと後悔したのですが.....このアールグレイ フィネスト(アールグレイの王様)は、濃厚なチョコレートに決して負けない、香り高い美味しい紅茶でした。調べてみたら、パリの紅茶専門店‘ベッジュマン&バートン’のもののようです。他にも数種類あったので、これは是非味わってみたいなぁ.....。
ランチの倍近くのお値段になってしまいましたが、その価値のある贅沢な時間を過ごさせていただきました。

Img_3723

ピエール・マルコリーニのお店の外観です。10周年記念なんですね。順番待ちの列はチョコレートショップだけでなく、喫茶の方にも。タイミングよく入店できたのは、ラッキーでした。
それにしても、バレンタインデイのお返しなんでしょうか、列に若い男性の姿が多く見られたのは、ちょっとした驚きでした。


Img_3725立ち去ろうとして、振り返ると、実はここ、すごいところだったんですね~。ピエール・マルコリーニ(ベルギー)のお店の横には、イルサンジェー(フランス)とジョエル・デュラン(フランス)とチョコレート・ブティックが並んでいるのです。まだ味わったことのないイルサンジェーのチョコレートを買ってみるというお友達にくっついて、お店に入ってみました。黒の天井とフロア、真っ赤な壁に囲まれた小さなスペース、天井から吊り下げられた2つのシャンデリア、高級感漂う店内になっています。何か、客層も違うような.....。ショーケースの中の半分くらいは既に売り切れていて、‘入荷待ち’の札。販売中のチョコレートは、一粒600円 or 800円です。はあ~、この価格でも売り切れちゃうんだ.....。日本ってほんとに不景気か.....?
お店を出ると、がさごそと早速箱を開ける友達。「一つ、どうぞ~」え~っ何と言う太っ腹恐縮しながらも、セレブ・チョコの誘惑には勝てず、一ついただいてしまう。ごめんねー

Img_3728 いただいたのは、平べったい四角形の‘マダガスカル’だったと思います。既にお腹の中に収まってしまっているので、パンフレットの写真で酸味のあるマダガスカル産のカカオを使ったガナッシュで、3代目の創作と説明されています。口にしたときに、濃厚なガナッシュの中に、確かに酸味を感じました。チョコレートも奥が深いんですねぇ.....。創業112年、4代にわたって守り続けられているショコラトリーの海外初店舗が、この銀座店のようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ 手しごとや 咲くら 農林水産省

2012. 3.14

Img_3718 いつもは通過するだけのこの駅で下車したのは、農林水産省の食堂でランチするため。省内で一般にオープンされている食堂は3つあります。
玄関にも、食堂前にも警備員さんがスタンバイ。ちょっとドキドキしましたが、全くのノーチェック。ほっ.....。


Img_3714 3つの食堂のうちの一つ、‘手しごとや 咲くら’におじゃましてきました。入り口には鯨肉を使った加工品が並べられていました。鯨が売りなんですかねぇ~?


Img_3715 11:30オープン直後の食堂には、まだ誰もいません。スペース的にはそれほど余裕はありませんが、明るくて清潔な感じがします。
ショーケースに並ぶ料理の中から欲しいものをトレイ上にゲットして、レジで精算するようになっています。メニューの一つ一つに、カロリーと自給率が明記されていて、種類も豊富にあったのですが、この部分の写真撮影はNG~



Img_3717 これが今日の私のランチです。米粉を使った唐揚げと揚げ野菜の甘酢漬け、菜の花のからし和え、もずく、混ぜご飯とお味噌汁。合計で750円でした。一般的な定食屋さんと似たような価格設定で、特別に安いっって感じではありませんでした。水加減が少し多かったのか、ご飯がちょっとべちゃっとした感じでしたが、味付けはなかなかよかったです。
ちょっと前には、TV等でも取り上げられていたのでもっと一般の方の利用も多いのかと思っていましたが、私たちがランチしたときには、職員の方が圧倒的に多かったようです。12時をまわるとどんどん混んできたので、私たちも早々に退散、あたりまえですが.....あまりゆっくりできる雰囲気ではないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中の花めぐりⅡ @ 両神

2012. 3.11

お昼に、道の駅でお蕎麦を食べながら天気の回復待ち。が食べ終える頃には、本格的に振り始める雨.....今日は、山歩き無理だなぁ.....。それでも、登山道途中にある山居広場の近くまでは車でのアクセスも可能。登頂は無理でも、広場に群生するフクジュソウだけでも見て行くことにしました。
Img_3706 駐車場から歩き始めて間もなく、白梅と紅梅が、道に沿って並んで咲いていました。


Imgp7839 花はまだ咲き始めたばかり、蕾だけの木がほとんどでした。


Imgp7846 雨に沈んだ色の風景の中で、鮮やかな紅色は輝いていました。


Imgp7843 道の反対側には蝋梅も。枝には、枯れてしまった実もいくつか残っていました。


Imgp7852 更に歩くと、蝋梅の梅林


Img_3684 雨露を背負った花も、なかなかおつなもんですねぇ.....。


Img_3681 こちらは素心蝋梅、香りはこちらの方が強いような気がします。


Imgp7881 小鳥も、花と香りにうっとり.....?


Imgp7900 蝋梅の下が福寿草の群生地になっています。


Imgp7901ブーケみたいでかわいい~


Imgp7871_2 葉っぱが出てくると、福寿草はもう見頃を過ぎているんだそうです。まだまだ充分きれいだけどなぁ.....


Img_3700福寿草と蝋梅林。

Img_3691 赤みがかった福寿草は、初めて見ました。実はこれ、‘秩父紅’と呼ばれる固有種なんだそうです。結構咲いていたのですが、柵からは離れたところばかりだったので、ズームでこれが精一杯


Img_3712 と思ったら、帰りに寄った別の道の駅で、もう少しだけ近くで見ることができました。ラッキー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中の花めぐりⅠ @ 両神 

2012. 3.11

本日の天気予報は、、久々に山を歩こうと向かった先は埼玉県西部、秩父にある旧両神村(現在は、小鹿野町に合併されています。)の四阿屋山(あずまやさん)。ところが、高速を走っている頃から雨がポツポツ.....。あれ~っ山々の上の方は雨雲に包まれているし.....。とりあえず、四阿屋山山麓にある日本一といわれるセツブンソウ群生地に向かうことにしました。ちょうど‘節分草まつり’の開催中で、甘酒の無料サービスなんてのもありました。入園料は300円。

Img_3624 これがセツブンソウです。早春に芽を出して、節分の頃に花を咲かせることから名前が付いたようです。花弁のように見える白い部分は実は萼片、雨に濡れて半分透き通ったように見えてます。


Imgp7797 仲良しこよしのツーショット 本当に小さな花です。高さも10cmあるかないかぐらい.....。写真を撮るのもなかなか大変


Img_3632後ろ姿も何とも愛らしい~


Img_3637

ヒマワリのように皆で同じ方向を向いて咲く訳ではなさそうです。


Imgp7802 蕾も多く見かけましたが、ほぼ見頃を迎えているようです。


Img_3665

薄らと雪が積もっているように見えるのは、セツブンソウが群生している部分。結構咲いているのですが、小さくてそれほど目立ちません。


Img_3668

可憐な花は人気が高く、乱獲や自生地の環境破壊によって、希少植物となっているのだそうです。花言葉は‘拒絶’や‘人間嫌い’、何とも皮肉なことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれから一年.....。

2012. 3.10

今朝2時半頃、再び緊急地震速報の警告音にびくっ 東京の震度は2、ほとんど揺れを感じることはありませんでしたが、茨城県北部では震度5弱、南は神奈川から北は岩手まで、太平洋側だけでなく、日本海側の新潟や山形までかなり広範囲に及んだ地震だったようです。
警告音に目覚めたとしても、頭も身体も半分はまだ眠っている状態で、即座に行動に移すことができません。もし、このような状態のときに、首都直下型大地震が来たとしたら.....と思うと、本当にぞっとします。直下型の大きな揺れだったら、たとえそれが日中であっても、結局おろおろするだけなのかも知れませんが.....。東日本大震災の日から、一年.....。地殻活動がまた活発な周期に入ってしまったのでしょうか.....?
被災地の復興が遅々として進まないという批判が出ていて、被災者の皆さんの生活は元どおりには程遠く、本当にまだまだ大変なのでしょうが、それでもこれらの写真を見比べてみると、前に向かって進んでいるのは事実なのだろうと思われます。ここまでやってきた被災地の皆さん、全国各地から集まった支援者の皆さんのご尽力には本当に頭が下がる思いです。m(_ _)m.....
http://www.washingtonpost.com/wp-srv/special/world/japans-coast-then-and-now/?hpid=z2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ~あ.....

2012. 3. 8

今日は、お友達と北鎌倉駅で待ち合わせて鎌倉散策.....の予定でしたが、家を出る直前に彼女から南の方は雨が降っているらしい.....。の中歩きまわるのもなぁ~ということで、急きょ横浜でのランチに変更
デパートに隣接したレストランビルの中の展望のよい老舗イタリアンにて、コースランチをいただきました。
Img_3603 スコットランド産サーモンのマリネとグレープフルーツのサラダ仕立ての前菜.....。


Img_3604 久々に、ガーリックトーストらしいトーストでも、後でピッツアも出てくるんだよなぁ.....


Img_3605 季節野菜のグリルリコッタチーズ入りトマトソースのパスタ.....。このパスタももっちりとした、やや太めのスパゲッティだし.....。


Img_3606 ピッツア・マルゲリータ。サイズは小さめですが、厚みがあるうえ、使われているモッツァレラチーズの濃厚なことう~ん、やっぱりトーストはやめておくんだったなぁ.....バジルの葉っぱはとてもフレッシュ


Img_3607 デザートもまた満腹サイズ。運ばれてきたワゴンデザートの中から、友達が選んだのはズコット。‘ズコット’って、神父がかぶる小さな帽子のことらしいです。ホールケーキだと、丸い半ドーム形で、似てるらしいんですね。中には、ナッツやドライフルーツが混ぜ込まれたチョコレートクリームがた~っぷり。






Img_3608私の選択は、アップルパイ。上に見える、シナモンが振りかけられた短い紐状のものも、実はりんご。結構手が込んでいます。紅茶とともにいただきましたが、もっと濃いめの紅茶で、量ももう少し多ければハッピーだったんだけどなぁ.....。タルト生地にかなり厚みがあったので、本当にお腹いっぱいになってしまいました。ふぅ.....


Img_3611 と言っておきながらデパート巡りを言い訳程度何の.....?にしただけで、次に移動。駅向こうの別のデパートのダイニングにある食事処にて、杏仁豆腐と抹茶クリームフルーツをいただきました。
お天気のよくない街中だと、ゆっくりお話できるスペースの確保がほんと難しい。気心の知れた友とのおしゃべりは楽しいけれど、過食傾向になってしまうのは困りもの.....。やばっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公園散歩

2012. 3. 6

午後から晴れ間が広がったので、買い物がてら、近所の公園を少し歩いてきました。天気の悪かった週末に撮った公園の花の写真と併せてアップします。
Img_3582 ほぼ満開の白梅。曇天の下では、花がぼっと光っているように見えました。


Img_3586 スイセンもちらほら.....。


Img_3581 寒さの中、アジサイも芽吹き始めています。


Img_3592 週末にはまだ蕾だったクロッカスも、今日の陽射しに誘われて開花を始めたようです。


Img_3595 紫色のクロッカスの横に咲いていたのはノースポールでしょうか.....。


Img_3596 満開の白梅の花は、メジロのご馳走。


Img_3598 紅梅もぼちぼち咲き始めました。と言っても、まだ一分咲き程度かな.....?


Img_3600 昨日は小川のようになっていたこの場所。水たまりの中の風景を撮ってみました。
啓蟄、私たちの動き出しもそろそろかなぁ.....?






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »