« りんご酢のピクルス | トップページ | Tea Time @ 霧笛楼 カフェ ネクスト・ドア 横浜元町 »

Lunch @ 菜香新館 横浜中華街

2012. 2. 9

何年ぶりかで出かけた横浜中華街。目指すお店は‘菜香新館’です。
Img_3402 きんきんきらきらの建物に思わず引いてしまいそうになりますが、中はダークブラウンで統一されたシックで落ち着いた感じの空間。なかなか立派な建物です。エレベーターで5階へ。


Img_3395 平日限定のランチコースを予約してもらっての訪問。
まず登場したのが、菜香特製の蒸し点心。ぷりっぷりっの海老が詰め込まれた大きめの蒸し餃子で、下にはにんじんの薄い輪切りが敷いてありました。大葉も味によいアクセントを添えています。味付けはされているので、このままいただきます。優しい味が口の中にじわ~っ。


Img_33932段に重ねられていた籠の一つには、元祖海老のウエハース巻き揚げ、姿くらげ、それから牛タンの冷菜、青梗菜の生姜炒め、そしてクリーミーピータンが入っていました。くらげも、牛タンも、ピータンも私的にはNGなのですが、ここでは.....くらげは食感を楽しみながら、牛タンは味付けに多少クセがありましたが.....抵抗感全くなく、ピータンも一般のものとは異なる食感と味を楽しむことができました。


Img_3394 もう一つの籠には、清芳ミニフカヒレ、中国漬物のあんかけ茶碗蒸し、プリプリ牡蠣のチリソース、ほたて貝柱と春雨のにんにく蒸しが.....。‘ミニ’と言いながら、しっかりとした食感のフカヒレに感激お肌プリプリになったかなぁ~茶碗蒸しは具なしのシンプルなもの。あんかけに使われていた野菜は食感、味ともに野沢菜のような感じ?でした。牡蠣も大粒で食べ応え十分、チリソースは少し甘めにつくってありました。ほたてとニンニクのエキスが染み込んだ春雨もでした。

Img_3397 籠の中のものがなくならないうちに、広東スタイルあったか白粥の登場です。添えられているのは、ザーサイ、発酵豆腐豆腐よう?、パクチー。これらを、お粥の中に投入する前に.....。


Img_3399 まずお粥そのものを味わってみました。上に乗っかっているのはクルトンです。米粒が判別できないほど煮込まれたお粥は初めて。胃腸に優しそう.....。ちょうどいい塩加減で、このままでも充分美味しいのですが、せっかくなので上の三品を入れてみました。
初挑戦の発酵豆腐。味を濃厚にし、旨味を加えてくれますが、ちょっとだけがいいみたいです。入れ過ぎちゃうと臭みがでてしまいます。パクチーも味にクセがありますが、口をさっぱりとさせてくれるので、発酵豆腐とはいいコンビかも知れません。

Img_3400 デザートは、メニューから杏仁豆腐を選んでみました。滑らかな口当りにうっとり、お味ももちろん。お茶の方も、中国茶数種類の中から選択するようになっています。私たちは、ジャスミンティーをいただきました。ポットがテーブルに置いてあるので、おかわり自由です。
いろいろなものを少しずつ、でも、苦しいくらい満腹になるということもありません。好ましい量の美味しいランチでしたが、男性にはちょっともの足りないかも知れません.....。


Img_3396 空間もゆったりしていて居心地がよかったです。12時の入店直後はこんなに空いていましたが、私たちが席を立つ頃には、ここに見えるテーブル席のすべてが埋まっていました。

|

« りんご酢のピクルス | トップページ | Tea Time @ 霧笛楼 カフェ ネクスト・ドア 横浜元町 »

食*神奈川グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lunch @ 菜香新館 横浜中華街:

« りんご酢のピクルス | トップページ | Tea Time @ 霧笛楼 カフェ ネクスト・ドア 横浜元町 »