« 温泉 @ 梅ぞ乃 | トップページ | Lunch @ ゆばの里 身延 »

身延山 久遠寺

2012. 1. 8

下部温泉の宿をチェックアウトして向かったのは、日蓮宗総本山の身延山久遠寺。
Img_1113 この急な石段を登ってお参りするはずが.....うっかり三門をすっ飛ばして、ロープウェイ乗り場近くの駐車場に到着してしまいました。三門から本堂へと続く287段のこの石段は、‘菩提梯’と呼ばれ、登り切れば涅槃に達すると言われているそうです。


Img_1123 日蓮聖人の神霊を祀る祖師堂‘棲神閣’。江戸にあった寺院のお堂を明治14年に移築、再建したもの。


Img_1126 お賽銭箱の彫は竜、なかなか立派です。


Img_3188 久遠寺は2本のしだれ桜の大木でも有名ですが、祖師堂の傍にそのうちの1本がありました。樹齢400年を超えるそうです。


Img_3186 仏殿。


Img_1145 仏殿の彫にも迫力があります。


Img_3174 ‘菩提梯’を登り切った左には、五重塔があります。2009年5月、明治8年の大火による焼失以降、134年ぶりによみがえった宝塔、設計から工法に至るまで400年前に建てられた元和の塔をそのまま復元、再建したそうです。


Img_3173 正面にある本堂は、一度に2,500人の法要を奉行できる立派なもの。
ここで、相棒さんから奥の院まで歩いて行こうとの提案。本堂の左上に見えている身延山の山頂辺りが奥の院なのですが、‘40分くらいらしいよ。’という言葉に騙されて.....。自分の目を信じるべきだった.....。


Img_1154 歩きました。陽の当たらない、道を黙々と.....。目を楽しませてくれたのは、歩き始めて間もなく、花を咲かせていた冬桜と.....。


Img_3191 祠の傍にあったイチョウの大木。落葉して間もないのか、地面の葉っぱはまだ黄色を留めていました。


Img_1169 富士川の流れを見渡すことのできる一瞬の展望。富士山もちらりと見えましたが、昨日とは打って変わって、今日は雲が多め。
それぐらいのもの。結局1時間半余り歩きました。そうと知っていれば、最初から登山靴履いていたのになぁ.....ちかれたー!


Img_1184 奥の院には日蓮聖人お手植えの杉が4本、それぞれに名前がついていました。これは確か、‘御父 妙日尊儀’と案内板にあったように思います。


Img_3204 日蓮聖人が両親をしのんで、風雨をいとわず登られたという身延山の山頂にある仁王門‘思親閣’。左右には仁王尊像が祀られ、境内を守護しています。


Img_1187 裏手にまわると、この展望。写真には入り切りませんが、秩父や多摩の山々から、八ヶ岳、南アルプスが見えています。


Img_3213 身延山も山梨百名山だったんですね。
既に歩く気力はなく、帰りはロープウェイで。苦労して登って来た道を、たった6分で下山、あっと言う間でした。


|

« 温泉 @ 梅ぞ乃 | トップページ | Lunch @ ゆばの里 身延 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身延山 久遠寺:

« 温泉 @ 梅ぞ乃 | トップページ | Lunch @ ゆばの里 身延 »