« 復活の活力鍋で新米を炊く | トップページ | Lunch @ やまと 銀座 »

ジョエル・デュランのチョコレート

2011.11.22

ジョエル・デュランのチョコレート、いただきました~。びっくりでも、嬉しい~

Img_2670ジョエル・デュランが贈り出すチョコレートは、26種類。アルファベット毎に異なった味と香りが楽しめるようです。南フランスで育った最高級の素材を使い、ジョエル・デュラン本人が一粒一粒丹精込めて手づくりしたものを空輸しているとのこと。フランスから飛んで来てくれたのね~
すべてのチョコレートは、ちょっぴりビターな大人味のブラックチョコレートでコーティングされています。


Img_2671 パンフレットもいっしょにいただきました。アルファベット別にチョコレートの説明があります。中には、地図まで.....。どこの素材を使っているのかわかり易くするためです。と言っても、フランス プロヴァンス産のものが多いようですけど。例えば、‘Q’は‘アルディッシュ産栗のリキュール入り40%ミルクチョコレート’、‘S’は‘トルコ産リグリス(甘草)とホワイトチョコレート’、‘T’は‘北イタリア生まれの「私を元気にして!」という意味をもつティラミス。マスカルポーネをたっぷり使用し、何重もの階層が、ティラミスを忠実に再現’とあります。
心して、一粒一粒、ゆっくり、丁寧に味わさせていただきました。ブラックチョコレートのコーティングが割れると、中からとろっと.....ジョエル・デュランが狙ったマリアージュが登場。濃厚で、驚くほど長く口の中に留まって、至福のときをもたらしてくれます。それでいて、あと味がすっきり。いいチョコレートって、一粒だけですごい満足感で満たされますよね。あ~、私は幸せだ~

|

« 復活の活力鍋で新米を炊く | トップページ | Lunch @ やまと 銀座 »

いただきもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョエル・デュランのチョコレート:

« 復活の活力鍋で新米を炊く | トップページ | Lunch @ やまと 銀座 »