« 東城百合子先生・村上和雄先生講演会 @ 明治神宮会館 | トップページ | 復活の活力鍋で新米を炊く »

越前の百笑より新米届く

2011.11.20

しばらく、近所の自然食品のお店で購入してきた玄米ですが、ショックなことに、虫が湧いてしまいました。○○年間生きてきて、初めてコクゾウムシ(穀象虫)なるものとご対面。最初のうちこそ、「あらっ、虫っ自然農法米だから仕方ない、ない。」なんて、目についたものを取り除いていたのですが.....対応が、甘過ぎ.....というか、コクゾウムシについてあまりにも無知過ぎた.....のは大失敗でした。
コクゾウムシって、すごい生命力なかなか死なない.....水攻めも、洗剤攻めも効果なし!なんですよ。 + 恐ろしい繁殖力なんです。成虫は黒いし、動くのでわかりやすいのですが、幼虫は白っぽくてわかりにくいのです。結果、ほぼ午前中いっぱい洗米に時間をとられるという、コクゾウムシとの不毛な戦いの日々が続いたものですから、同じお米を買う勇気が出ず、お米が減ってくるにつれてどうしようっか.....と、お米ジプシー状態に陥ってしまいました。もうそろそろやばいよという段階になって、ようやく、ネット検索。これも、本当にいろいろあって、とっても迷ったのですが.....


Img_2611

農家の人の熱意と口コミを見て、このお米を注文してみました。都道府県別幸福度調査で、1位に輝いた福井県から届いたお米です。関係ないか.....。でも、あやかれるかも.....?


Img_2550

その名も‘感動の米’。この‘稲穂にそえて’と‘越の国、越前の百笑から’というメッセージからは、地球や自然に対する感謝の気持ちや慈しみ、農業のあるべき姿についての生産農家さんの考えがしっかり伝わってきます。


Img_2552

お店で買うことの多かったお米ですが、これまで通販で買ったこともあります。でも、残留農薬検査結果を添付してくれたところは、初めてでした。


Img_2551

そして、今回はこんな調査結果も添付されていました。消費者の立場からすると、放射性物質調査報告書があると安心感はあるけれど、出荷停止となった福島県のお米農家の方のことを思うと、心が痛みます.....。こんな調査報告が必要だと考えられるようになった、今の状況が本当に悲しい.....。

|

« 東城百合子先生・村上和雄先生講演会 @ 明治神宮会館 | トップページ | 復活の活力鍋で新米を炊く »

食*おうちごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越前の百笑より新米届く:

« 東城百合子先生・村上和雄先生講演会 @ 明治神宮会館 | トップページ | 復活の活力鍋で新米を炊く »