« サプライズ! | トップページ | 堀木エリ子さんトークショー @ 日本橋 »

佐藤初女さん講演会 @ 御茶ノ水

2011.11.12

Img_2555 御茶ノ水と言えば、このニコライ堂。ですが、今日御茶ノ水にやって来たのは.....。


佐藤初女さんのお話を聞くためです。佐藤さんは青森の岩木山山麓で、悩みや問題を抱え込んだ人を受け入れる場‘森のイスキア’を主宰されています。とは言っても、特別なことをされているわけではありません。地元の食材を使って、心を込めて食事を用意し、大きな丸いテーブルで皆んなでいっしょにいただく。話したい人がいれば、じっと耳を傾ける.....ただ、それだけのこと。でも、今、そういう場が身近になくなってしまっているんだろうな.....。今の社会、自分の話を聞いてもらいたい人、受け入れてもらいたい人ばかりらしいです。

初女さんは、ご自身の闘病体験から、食が身体を元気にすることを確信され、食の大切さを訴え続けていらっしゃいます。今日のテーマも‘食はいのち’でした。会場は満席。若い女性が多いのも、中に若い男性の姿がちらほらあったのも、ちょっと意外でした。でも、これは、嬉しいですね。初女さん、90歳とは思えないほど、しっかりとした口調で語られていました。お話を聞いているうちに、自分の料理に欠けていた、大切なことを気付かされました。
一つは、食材に対する感謝の気持ち。‘食べる’ということは、食材から命をいただいて、生かされている。それはとても大きなこと、とおっしゃっていました。‘何となく’というレベルではなく、もっとしっかり感謝の心をもとう。
二つめは、その感謝から繋がってくるのですが、食材に対する思いやり、真摯な態度。例えば、お米を研ぐとき。○合に対して○カップと、機械的にするのではなく、その日のお米の状態によって水を加減されるのだそうです。青菜を茹でるときにも、一番美味しく茹であがった、そのベストのタイミングを逃さない。おむすびを握るときには、お米の一粒一粒が呼吸できるように。まだまだ修業が足りませんです。
そして、三つめは、料理するときの心の状態。穏やかな気持ちで料理をすると、それが料理に伝わり、美味しくなるんだそうです。普段の生活の中、特に朝は、時間との競争になってしまい、心がせかせかしてしまいます。これまた、修業ですね。

Img_2562

会場からの質問アンケートに答える初女さん。人生を真摯に、丁寧に生きる初女さんの姿勢や穏やかな人柄が伝わってくる、心がほんわか温められるようなよい講演会でした。

 

|

« サプライズ! | トップページ | 堀木エリ子さんトークショー @ 日本橋 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤初女さん講演会 @ 御茶ノ水:

« サプライズ! | トップページ | 堀木エリ子さんトークショー @ 日本橋 »