« 至仏山 鳩待峠~山の鼻側登山口 | トップページ | 至仏山 至仏山山頂~鳩待峠 »

至仏山 山の鼻側登山口~至仏山山頂

2011.10. 9

Img_2071登山道を登り始めたところで、原色の紅葉との出合い。


Img_2072

透過光効果で、蛍光色のハウチワカエデ。葉についた傷も味があって










Dsc_4428_2

まるでつくりもののようなべったりの赤.....。


Img_2073

緑とのコントラストが鮮やかです。


Dsc_4430 これは虫こぶ.....ですかねぇ?


Dsc_4435_2 思わず、うわーっってはしゃいでしまいました。太陽の光をいっぱい浴びて、輝きまくりの紅葉の森です。


Img_2080 振り返ると、尾瀬ケ原と燧ヶ岳。登山者が続々と.....。


Img_2086 登山道を成しているこの岩は、蛇紋岩というそうで、とにかくよく滑ります。皆さん、警戒しながら歩いていらっしゃるので、どてっという人はほとんど見かけませんでしたが、あちらこちらで、うわっとか、きゃっとか、短い悲鳴があがっていました。上りでこれだけ滑るのだから、下りだったら大変なことになってしまうでしょう。このルートが上り専用になったのは、その辺りに原因があるのでしょうか.....


Img_2088 風化作用を受けやすい蛇紋岩は、もろくて崩れやすく、この岩で形成された山岳この至仏山や谷川岳など.....では滑落事故も起こりやすいのだそうです。


Dsc_4462 傾斜が急なところには、木段も設けられています。おやっ?何だか暗くなってきましたよ。雲行きが怪しいですね。
山名の漢字に魅かれてか、中国系の登山者も何人かいました。雲が空を覆い始めたこの辺りから、風が急激に冷たくなってきました。中国の方たち、随分と軽装なんですけれども.....大丈夫か.....?心配をよそに、元気いっぱいの彼ら、たくまし~。そういう私は.....あ~、鼻がじゅるじゅる.....


Dsc_4481 ここを登り切ったら山頂.....?という甘い考えはあっさりと裏切られ、ここから更に20分ほど歩いて.....


Dsc_4492 ようやく山頂に到着です。

|

« 至仏山 鳩待峠~山の鼻側登山口 | トップページ | 至仏山 至仏山山頂~鳩待峠 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 至仏山 山の鼻側登山口~至仏山山頂:

« 至仏山 鳩待峠~山の鼻側登山口 | トップページ | 至仏山 至仏山山頂~鳩待峠 »