« 生蕎麦 @ 高野屋 安曇野 | トップページ | Lunch @ マハラジャ 丸の内 »

パパブブレ @ 中野

2011. 9.29

ず~っと気になっていたお店に、ようやく行って来た。本物の手作りキャンディの美しさを蘇らせようと、2004年、スペインはバルセロナに生まれたのが‘パパブブレ’。世界で12店しかないうちの2店舗が東京にある。中野と渋谷、どちらも駅からは少し歩く場所にある。
Img_1824 今回おじゃました中野のお店は、薬師あいロード商店街の中にある。


Img_1823 庶民的な雰囲気の商店街の中で、ちょっと高級感のある、おしゃれなお店は浮いてしまいそうなものだけれど、シックな色調でまとめられているからか、それほどの違和感はない。地元の方、特に小さな子ども連れのママさんたちが多く出入りされているようで、お店の前に止められた子ども乗せのついた自転車も、不思議とマッチしてる?、何だか微笑ましい。もっとも、今は平日の昼間、夕方や週末ともなると若い女性の来店も多いことだろう。



Img_1811 入り口入って右側が飴工房って言うのかなぁ~?、左がレジ。レジの奥には、商品がディスプレイされている。店内もシンプルで落ち着いた雰囲気、甘酸っぱい香りが漂っている。


Img_1808

ディスプレイその1。一番上の棚にはペロペロキャンディ?あるいはロリポップ?を中心に、下には瓶詰めになったキャンディがお行儀よく並んでいる。


Img_1809

その2。お店の最奥、突き当りの壁には、お手頃な袋入りのキャンディ。種類がたくさんあって、目移りしてしまう。


Img_1812

その3。入り口傍の通りに面した窓際に置かれたショーケース。カラフルで、まるで宝石のディスプレイのよう。


Img_1814

工房では、キャンディがつくられる様子を見学することができる。キャンディと言うよりも、金太郎飴と言った方が親近感が湧くかも.....うん。
直径20cmくらいの白い棒状の飴の形が調整されている横では、紫色の飴が均されています。


Img_1815

平らになった紫色の飴を白い部分にかぶせて、これを包んで.....


Img_1817


てっきり大きなペロペロキャンディをつくっているんだとばかり思っていたのだけれど、先端の方をどんどん細めていってます。何か模様があるのだけど、それが何なのかわかりません。


Img_1820

作業は3人がかり。細くなった先端を次々と小さな斧のようなもので70cmくらい?にカットして、更に上から押さえ気味に、ガラガラまわしています。更に細くしているのか、整形しているのか.....?


Img_1819

細い棒状になったものを、更に小さくカットしてできたものが、これ直径1cmあるかないかくらいの小さな、かわいいキャンディ。模様が魔女のプロフィールであったことが、この時点でようやく判明。写真ではちょっとわかりにくいかも知れないなぁ.....。いやぁ~、おもしろい
試食をどうぞ.....と勧められ、いただいてみる。でき上がったばかりのキャンディは、まだ温かい。温かい飴なんて初めてだ。ラズベリーの甘酸っぱい味がした。ハロウィーン・バージョンのこのキャンディ、この週末からお店に並ぶそうだ。


Img_1829

購入したキャンディは、どれもプレゼント用なので、袋を開けることができないのだけど.....。ネットでも評判のよかったフルーツミックス。ぶどうやイチゴ、オレンジやレモン、キウイやパッションフルーツ、りんごや桃などのかわいらしい絵が描かれている。甘酸っぱくて、日本の金太郎飴のようなべっとりとした甘さはない。もう数十年も口にしたことがないけれど.....今もあるのかな?後味もさっぱりしている。



Img_1830

これも同じフルーツミックスの‘ハピーバースデイ’バージョン。何味かは、口に入れてからのお楽しみ。それにしても、これらの細かい模様や文字、一体どうやってつくっているんだろう.....?ほんとは、そこんとこ見学したかったなぁ.....。


Img_1831

こちらは、フルーツミックスの‘ラブ’バージョン。バレンタインデーとかにもいいかも。


Img_1827

左がハーブのキャンディ。と言っても、ハーブの味はあまりきつくない。フルーツミックスよりも、こちらの方がむしろ甘いような.....。
右の抹茶味のキャンディは、食感がおもしろい。少し落雁にも似ているような気がするけれど、もっとしっかりしている。あっさり、さっぱりしていて苦味も効いている大人味。ひょっとして、プレゼント用って言いながら、なぜこんなコメントできんの.....?ってつっこみを入れてる?はいっ、それは、お店でいろいろ試食させていただいたからです。試食用のビンも店内のあちらこちらに置いてあったけれど、店員さんがよろしかったら.....と惜し気もなく勧めてくれたのだ。多分、5、6種類はいただいたような気が.....。太っ腹の‘パパブブレ’さん、どうもご馳走さまでした。


|

« 生蕎麦 @ 高野屋 安曇野 | トップページ | Lunch @ マハラジャ 丸の内 »

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パパブブレ @ 中野:

« 生蕎麦 @ 高野屋 安曇野 | トップページ | Lunch @ マハラジャ 丸の内 »