« 鳳凰三山へⅢ 薬師岳夕景 | トップページ | 鳳凰三山へⅤ 薬師岳小屋でのこと »

鳳凰三山へⅣ 薬師岳小屋

2011. 9.10-11

Img_1137_2 今回お世話になった薬師岳小屋。予約時には混んではいないと言われていたのに、チェックインのときに言われたのは、「今日は混むので、お布団は二人一枚でお願いします。」え~!
何でも、今朝になって16件の予約がどどどっ!っと入ったらしい.....。週末になると天気が崩れ、皆んな、山に行けなかった鬱憤がたまっていたんだろうな。うちもそうだけど.....。


Img_1235 受付をしてくれたのは、ここでも外国人の女の子。責任者?らしき男性が、横でサポート。ここで働き始めて、まだ日が浅いのかも知れない。一生懸命な姿勢に好感がもてる。


Dsc01014 ここでは、給水不可。ペットボトル飲料や缶ものを買うしかない。おつまみ系も少々.....。


Img_1234

入ってすぐのところには、食堂を兼ねた談話室がある。それほど広くはない。食事時には先ほどの受付テーブルも食卓の一つに変身。


Img_1226 そしてその奥が宿泊場所。小さな廊下をコの字に囲むようにつくられている。2階もあり。


Img_1231 布団がびっしり敷詰められている。スペース的余裕はあまりない。厳しく言われたのは、布団の上にザック等を置かないこと。棚の上に置くか、布団をめくってから置くかのどちらか。
わずかな天水しかないので、枕カバーも洗濯できない。各自タオル等で対応して下さいとの貼り紙。


Img_1166 お手洗いは、小屋の外。陽があるうちは、こちらを利用。女性用は奥に3つ。洋式1つに、和式2つ。どちらも昔懐かしいポッチャン便所である。陽があるとは言っても、少し薄暗くなると中は真っ暗、ヘッドランプは必需品。
トイレットペーパーはなし。各自持参。ティッシュ可。使用済みのペーパーは備え付けのゴミ箱に入れる。これはたいてい、どこも同じ。


Img_1169 夜間は、もう少し小屋に近い場所にあるこちらのお手洗いが利用できる。結局使用することはなかったけれど.....。


Img_1171 お手洗いの後に、食事ってのも何だかなぁ.....だけど....
夕食はおでん。ご飯は結構美味しかった。


Img_1172 お漬物類、キャベツ・きゅうり・海藻のサラダは、数人でシェア。


Img_1225 こちらは朝食。おかずは、さんま(缶詰)の切り身、ごぼうの煮物、煮豆、高野豆腐、昆布巻き、山菜漬物、たくあん、梅干し、そしてのり。


Dsc04072

小屋の前で寛ぐ人々。


Dsc04056 入り口のところに設置されていたおしゃれな看板。下の花は、ホウオウシャジンかな.....?

薬師岳小屋は、正直、今まで泊まった山小屋の中でも、規模は小さいし、設備的にもイマイチ。でも、少しでも快適に過ごしてもらえるようスタッフの方々が気を遣って下さっているし、頑張ってきれいにしてある。そもそも登山口から徒歩で7時間もかかるようなこんな場所に、小屋が存在すること自体、奇跡なのかも知れない。贅沢は言えない。

|

« 鳳凰三山へⅢ 薬師岳夕景 | トップページ | 鳳凰三山へⅤ 薬師岳小屋でのこと »

山小屋にて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳳凰三山へⅣ 薬師岳小屋:

« 鳳凰三山へⅢ 薬師岳夕景 | トップページ | 鳳凰三山へⅤ 薬師岳小屋でのこと »