« 燕山荘から大天井岳への尾根歩きⅡ | トップページ | パパブブレ @ 中野 »

生蕎麦 @ 高野屋 安曇野

2011. 9.24

中房温泉を後にして、町に下りてくる。お腹もいい感じで空いてきたし.....と、ナビでお蕎麦屋さんを検索するも、土曜日だからか?どこも閉店してしまっている。まだ18時をまわったばかりなんだけどなぁ.....。仕方ないので、道中目についたところに入ろうと車を走らせるものの、これがとんでもなく苦手な私たち.....。どうする?ここにする?と決断できないまま通り過ぎたり、スピードを出し過ぎて、気づいたときには後方に遠ざかっていたり.....。あちゃ~
Img_1805 どっぷり日も暮れた頃、ようやく見つけたのが、ここ、‘高野屋’さん。実はここも一旦通り過ぎて、引き返してきたのだけど..... 国道19号線沿い、明科(あかしな)駅からも近い場所にある。
比較的広い店内には、一組の家族連れがいるのみ。う~ん、失敗したか.....?
私たちの後、観光客らしい三人連れ、更に遅れて地元の方らしい年配のご夫婦がやって来た。


Img_1801 .....けど、そばはなかなか出てこない。お腹空いたよぉ~もしかして、今、打ってる.....?
待っている間にと、出されたお漬物.....これが、とっても美味しいんである。自家製なのだとか。
Img_1802
相棒さん注文のもりそば(大盛り)がようやく登場。おそばは、長野県産のそば粉を使用しているらしい。つけ汁は、意外にも、お醤油よりもお出汁の味が強く効いている上品なお味。関西風っての.....?好きだなぁ、こういう味。


Img_1803 私が注文した天ぷらそばも間もなく登場。おそばを味わうには、もりそばが一番.....と、わかっちゃあいるけれど、夜になると肌寒いくらいの安曇野、温かいものが食べたかった。こちらもまた、お出汁がよく効いていて美味しくいただけた。


Img_1804 天ぷらも、新鮮な野菜を使っているらしく、野菜の自然の甘さを感じる。サクッと、美味しい天ぷらだった。あ~、幸せ~

|

« 燕山荘から大天井岳への尾根歩きⅡ | トップページ | パパブブレ @ 中野 »

食*旅先グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生蕎麦 @ 高野屋 安曇野:

« 燕山荘から大天井岳への尾根歩きⅡ | トップページ | パパブブレ @ 中野 »