« 燕岳・北燕岳へ | トップページ | 燕山荘 食事編 »

燕山荘 施設編

2011. 9.23-24

Img_1575 Img_0118 燕山荘は、これまでお世話になった山小屋の中でも最も大規模で、おしゃれで、贅沢な山小屋だと思う。何と600人も宿泊可能とのこと。




北アルプスの中でも有数の歴史を誇る山小屋としても知られているらしい。


Img_1637テントサイトは登山道を挟んで反対側、山小屋より少し低い場所にある。30張程度の比較的小さめのサイトは、オーバーフロー気味。


Img_1642 玄関ロビー?の様子。館内は掃除が行き届いており、快適。


Img_1640_2 入って右側が受付。15時半をまわっても、登山者が続々とやって来る。規模が規模だけに、スタッフの方も多い。


Img_1641 左側には売店。Tシャツやバンダナ、キーホルダー、バッジ等燕岳登頂記念のグッズが所狭しと並べられている。他にも、おやつや飲みものも販売されている。


Img_1565 到着が早めだった私たちが案内されたのは、奥の方にある新館だったかな.....?の中でもまた奥の方。


Img_1564 客室?の様子。1階部分と2階部分に分かれていて、それぞれが3畳+α=幅の狭い板間?の広さ。


Img_1563 小窓もついている。今日は、満室になりそうとのこと。


Img_1643 本館?の方には、廊下にザックや登山靴を置くスペースがあった。
個室も本館にある。


 

Img_1566 廊下突当りには、談話室。この右に男女別のお手洗いと洗面所がある。洗面所には蛇口が3つ、飲用可。但し、夜から朝にかけて凍結のため水が出なくなることがあるので、
早めに確保しておくようにと案内された。実際、夜から翌日出発まで1滴の水も出なくなってしまったので、事前にゲットしておいた水で歯磨きしたり、洗顔したりすることとなった。トイレは5つ(女性用)。


Img_1567 談話室の中には乾燥室もある。


Img_1649 新館?のテラス?より、燕山荘の本館と、その向こうに燕岳。手前には、真っ赤な実だけになってしまったナナカマド。


Img_1570

本館?下の斜面は、ヤマハハコのお花畑。


Img_1644さてさて、この日の燕山荘、やはり満室だった。3畳分のスペースに6人が雑魚寝。四国は高松からいらしたご夫婦、地元長野の伊那からいらしたご夫婦とご一緒させていただく ことに.....。雑魚寝の練習中。笑っていられたのもこのときだけ。翌朝には、皆さん、身体が固まって、肩が痛い、首が痛い、腰が痛いと大騒ぎ。やっぱ り気を遣っちゃいますもんね。でも、気持ちのよい人たちで、一晩とても楽しく過ごすことができました。ありがとうございました~!m(_ _)m いつかまたどこかで.....。


Img_1807 燕山荘でいただいた荷物用のタグは、畦地梅太郎さん作。燕岳に向かって乾杯してる.....?

|

« 燕岳・北燕岳へ | トップページ | 燕山荘 食事編 »

山小屋にて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燕山荘 施設編:

« 燕岳・北燕岳へ | トップページ | 燕山荘 食事編 »