« Lunch @ カンテサンス 白金 | トップページ | 鳳凰三山へⅠ 尾根までの道 »

サンシャイン水族館

2011. 8.25

池袋にあるサンシャインシティの水族館がリニューアル・オープン。夏休みということもあって、連日混雑しているよう。個人的にはまず、絶対!行かない。今回は、3年ぶりに来日したドイツの友達が行ってみたいと言うので、お供することに.....。が、エレベーター45分待ちの長蛇の列に、彼女たちも一旦はギブアップ。トヨタ車の展示場‘アムラックス’に行きたいと言うので、そちらへ移動。そこでしばらく過ごし、戻ってみると、列は随分短くなっていた。それでも‘45分待ち’の看板。看板を掲げているお兄さんに訊いてみると、45分はかからないだろうとのこと。しばらく並んでエレベーターに乗れた後も、チケット売り場で列、中に入っても列.....混んでいて、見たいところでゆっくりという訳にはいかない。

Img_1044

水族館はテーマ別に3つのフロアに分かれている。1階の‘大海の旅’ の中心にあるサンシャインラグーン。結構大きな水槽なのだけれど、人が多くて限定的な写真しか撮れない。日に数回、ダイバーによる水中パフォーマンス(水中マイクを使った、魚たちの解説)が行われるらしい。エイやサメたちが、気持ちよさそうにスイスイ泳いでいる。


Img_1039

隅のコーナーには、‘洞窟に咲く花’ 、何とも幻想的な空間。


Img_1041

ミズタコのリアルな表情。こんなに間近で見たのは初めて。海の中で出合ったら泣きたいくらい恐いかも.....。


Img_1046

マンボウはなかなか前面に出てきてくれなかったので、輪郭がぼんやり。マンボウの英語名は‘sunfish’、ドイツ語では‘moonfish’の意味になるのだと、物知りUくんが教えてくれた。日本語の意味は?って訊かれたけれど、マンボウはマンボウだよねぇ.....?それにしても、頭だけが浮いているような、ちょっと不気味な感じ。


Img_1037

水族館2階には熱帯魚のコーナー。やっぱりここには引き寄せられちゃう。
これは沖縄の海だった.....と思う。小さな魚は動きが早く、本当は数ももっと多いのだけれど、意外と少なく見える。


Img_1049

オーストラリアのグレートバリアリーフの海を小さく再現。他に大西洋~カリブ海の水槽もあったけれど、ここが一番カラフルな印象だった。


Img_1056

こちらはマリーンガーデン‘天空の旅’。アクアリングの中を泳ぎまわるアシカたち。ステージでのアシカ・パフォーマンスもあるようだけれど、私たちが行った頃には、‘本日のパフォーマンスは終了しました。’の看板がステージの主役だった。


Img_1058

ペンギンのフィーディングタイムは人気のアトラクションだとか。
ろくに下調べもせずに行ったこと、混雑していたことから、随分見落としてしまった見所も多いような気がする。三人は楽しんでくれたようだけれど、ガイドとしては失格だなぁ.....

|

« Lunch @ カンテサンス 白金 | トップページ | 鳳凰三山へⅠ 尾根までの道 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンシャイン水族館:

« Lunch @ カンテサンス 白金 | トップページ | 鳳凰三山へⅠ 尾根までの道 »