« 平標山で思ったこと | トップページ | 浅草岳へⅡ »

浅草岳へⅠ

2011. 7.1-2

平標山~仙ノ倉山が新潟と群馬の県境なら、今回は新潟と福島の県境にある浅草岳へ。21時過ぎに家を出て、登山口に到着したのは1時頃。詳細な地図などなく、灯りも全くない暗闇の中の道、路面もガタガタ。本当にこの先に駐車場があるのだろうか.....?半信半疑のまま、車を走らす。一人だったら絶対に引き返してただろうな。と、道路を閉鎖するゲートがヘッドライトに浮かび上がる。やっぱり道間違ったか.....。Uターンしようとして、そこが空き地であることに気がつく。目を凝らして見ると、何やら建物らしいものもある。車を降りて、ゲートのところに行ってみると、登山のコースタイムが書かれた案内板。どうやら、ここが駐車場らしい。建物はお手洗い。ここもまた熊が目撃されているようだ。お手洗いから数メートル離れた場所に駐車。他に車はない。
今夜はここで車中泊。車を降りた相棒さんが驚きの声をあげる。見上げると、満天の星、星、星.....!まるで宇宙に投げ出されたかのよう。今まで見た中でも最高に美しい星空だ。寝袋に入ったものの、興奮してなかなか寝付けない。ぼーっと星空を眺めていると、流れ星が一つ。そのうち、ぽつぽつと車が到着し始める。寝ていたような、寝ていなかったような.....。4時をまわった頃、寝静まった駐車場に中型バスが賑やかに到着、私たちの車のすぐ傍に駐車。間もなく、どやどやと降りてくる団体さん。大声で話しながら、笑い合いながら、登山の準備を始める。周囲に対する気配りは全くなし。バスのエンジン音も耳に響く。゚゚(´O`)°゚何だかもう眠れそうもないし、私たちも準備しようかと起きあがったものの、男女別のトイレが一つずつのお手洗いは団体さんに占領されている。とりあえず、彼らが出発するのを待つことにした。

Imgp4606 団体さんがいなくなって、ようやく静かになった。周囲は、すっかり明るくなって.....。
お手洗いのある建物。


Imgp4604建物の入り口右側には登山案内図がある。登山口は福島県側にも複数あるようだけれど、今回は新潟県側の桜ゾネ登山口からアプローチすることにした。


Imgp4611 今はまばらな車も、下山してくる頃にはいっぱいに.....。


Imgp4607 見上げると、文句なしの青空!でも、15時以降は雨の予報。それまでには戻って来よう。


Imgp4610 これが昨夜通行を阻止した?ゲート。この先は徒歩で登山口まで。


Imgp4635 ネズモチ平の登山口。時間的には最短ルートらしいのだけれど、直登になるらしい。昨夜は雨も降っていたし、使い込んだ登山靴は底の溝がすり減っていて踏ん張りも効きそうにないので、ここはパス。


Imgp4671 ネズモチ平からさらに林道を歩く。素敵な山が見えているけれど、あれは守門岳かな?朝の空気が清々しい。


Imgp4699 朝陽が射し込んできた。まだ6時をまわったばかりなのに、この明るさ。既に暑い。


Imgp4704 ネズモチ平登山口から林道を歩き続けること30分余り、ようやく桜ゾネ登山口に到着。ここから山頂を目指す。

|

« 平標山で思ったこと | トップページ | 浅草岳へⅡ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草岳へⅠ:

« 平標山で思ったこと | トップページ | 浅草岳へⅡ »