« 平標山~仙ノ倉山のお花 | トップページ | 浅草岳へⅠ »

平標山で思ったこと

2011. 6.19

Imgp4013 登り始めて最初のピーク、松手山の手前にあった鉄塔。



















Imgp4017 高さは100m以上、こんなに大きな鉄塔は見た記憶がない。昭和63年から平成4年にかけて、日本海側から太平洋側へ向けて建設された200基以上もの巨大な鉄塔たち。


















Imgp4018 これらの鉄塔が繋ぐ送電線はウルトラ送電線と呼ばれ、日本列島を横断し、新潟の柏崎原発から首都圏に電気を送っている。







Imgp4101 今回の福島第一原発の事故で、‘原発は恐ろしい。もういやだ!’というのも痛いほどわかるし、‘安定した電気供給のためには仕方ない。’というのもわかる。でも.....今、心は原発とは反対の方向に向いている。産業に必要な電気はともかく、日常の生活の中ではあまりにも自由に電気を使い過ぎてきたのではないか.....?
高度成長期(とばかり思っていたけれど、ウルトラ送電線が設置されたのが比較的最近のことだったので、意外な感じがしている。)には必要だったかもしれない。でも、何もない山の中で、この鉄塔を見つめていると、やっぱり何かおかしい、何か間違っているという気がしてならない。原発に頼り切るという行為を見つめ直すときが来ているのではないか。生活の中では、できるだけ電気を使わないで済む工夫をしてみようと、思う。

|

« 平標山~仙ノ倉山のお花 | トップページ | 浅草岳へⅠ »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平標山で思ったこと:

« 平標山~仙ノ倉山のお花 | トップページ | 浅草岳へⅠ »