« 満開の春 @ 新宿御苑 風景編 | トップページ | 満開の春 @ 新宿御苑 お花・その他編 »

満開の春 @ 新宿御苑 お花・桜編

2011. 4.17

桜もいろいろ.....。御苑で出会った桜のいくつか。

Img_8845 くす玉のような八重桜は、‘イチヨウ’。江戸時代後期から関東を中心に栽培されてきた里桜の園芸品種。花の中央から、葉っぱのような雄しべが一本伸びることからこの名が付いた。御苑が皇室庭園であった大正時代から植栽され、皇室行事の観桜会の代表的な品種となったようだ。





Img_8862 春色の中、地味な色がかえって目立っていた‘ウコン’。緑がかった白色だけど、開花に伴い、中心部が紅色に染まってくる。

Img_8841 濃い紅色と花期が長いことが特徴の‘カンザン’。桜の塩漬けにされることも多いという。

Img_8864 ‘イチヨウ’や‘フゲンゾウ’等薄紅色の八重桜は多くて、区別がつきにくいのだけれど、この木についていた名札は‘江戸’。

Img_8869 ‘朱雀’は、八重桜にしては花弁が少なめ?だけど、愛らしくて結構好きだなぁ~。

Img_8902 ‘ヤエベニシダレ’の残り花。

Img_8930 山桜の一種で、紅色を帯びた白色の5弁花をつける‘霞桜’。すてきなネーミング。

Img_8945_2 まだまだ花が団結中の‘オオシマザクラ’。花手まりのよう。

Img_8859 ‘ソメイヨシノ’の花が地面からひょっこり.....?幹に直接花をつけているのを見たことはあるけれど、根っこから生えているのは初めて。踏みつけられないように、気をつけて.....。

Img_8949 白く、大きな花を咲かせているこの木には‘太白’という名札。この品種は一度絶滅してしまい、イギリスの桜研究家から逆輸入したのだとか。

|

« 満開の春 @ 新宿御苑 風景編 | トップページ | 満開の春 @ 新宿御苑 お花・その他編 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満開の春 @ 新宿御苑 お花・桜編:

« 満開の春 @ 新宿御苑 風景編 | トップページ | 満開の春 @ 新宿御苑 お花・その他編 »