« 花と青空と..... | トップページ | 目黒川の桜 »

Lunch @ ソラリア 東山

2011. 4. 3

春の花々のおかげで、気分は少し↑モード。今日は電車に乗ってお出かけ。いつもの週末に比べると、明らかに乗客は少ない。以前住んでいた場所の近くにある、お気に入りのイタリアンのお店‘ソラリア’へ。待ち合わせでもない限り、私たちが電車に乗って食事に行くというのはめったにないこと。

Img_8504色彩的な冒険があるものの、相変わらずシンプルで落ち着いた店内。


Img_8505 まず登場したのは、ミニトマトの乗っかったフォカッチャとトスカーナ・パン。厳密に言えば、この‘トスカーナ・パン’は正しくないらしいのだけど、わかり易さを考えて、そう呼んでいるのだそう。お好みで、オリーブオイルに浸していただく。やっぱり美味しい。

Img_8507 私が選んだのは、プランツォBのコース。
ルッコラと熊本産塩トマトのサラダ。ルッコラは相変わらず、香り高くてフレッシュ。塩トマトは皮が厚めでしっかりした食感、それに驚くほど甘味が強い。

Img_8509 群馬産牛のステーキは絶妙な焼き加減。グリーンマスタード・ソースでいただく。添えられた北海道産‘インカのめざめ’という種類のジャガイモも甘味があってしっとりと美味しい。


Img_8511 シチリア産アンチョビーを使ったトマトソースのパスタ。鹿児島産そら豆は、トマトソースに負けないくらいのしっかり味。手打ちパスタはうどんくらいの太さ。名前がついていたけれど失念してしまった。噛み応えがあり、量は少なめでも十分な満腹感あり。


P1020386_2 朝食抜きの相棒さんが選択したのは、プランツォCのコース。
ルッコラと塩トマトのサラダに水牛のリコッタチーズがトッピング。上から塩、胡椒がしてある。


P1020387 ソテーした鹿児島産そら豆、パンチェッタに柑橘風味の生ハム添え。生ハムを咀嚼していると確かに、柑橘の香りがふわっと立ちのぼる。


Img_8512 岩手県産の白金豚の耳等々を使ったリゾットは、塩味が効いたおもしろい食感。


P1020389 真鯛のポワレ、能登島赤土野菜を添えて。鯛の影に隠れて写ってないのだけれど、ふきのとうのソテーは香り高く、苦味がしっかりと残っていてとても美味。ふきのとうと言えば、天ぷらかふき味噌しか思いつかなかった私には新発見の料理法だった。


P1020392デザート盛り合わせは、プランツォB、C共通。
パンナコッタ、トチの実のアイスクリームとガトーショコラの3点セット。キャラメル・プリンのように見えるパンナコッタは、思わず‘にんまり’してしまうほどの絶品!アイスクリームも、これがトチの実の味だったんだ!と思わせてくれた一品。

新鮮で質の良い素材から、手間暇かけて生み出された料理には、人を幸福な気分にする大きな力があると思う。今日は‘ソラリア’に来てよかった。

|

« 花と青空と..... | トップページ | 目黒川の桜 »

食*東京グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lunch @ ソラリア 東山:

« 花と青空と..... | トップページ | 目黒川の桜 »