« 羽根木公園散策 | トップページ | 秩父鉄道 »

干しショウガ

2011. 2.25

このところ、冬と春を行ったり来たり。気温が10℃ほども上昇して、翌日にはまた10℃くらい下がる。寒いのなら、ずっと寒いままでいてくれるならまだ過ごし易いだろうに、一度暖かさに慣れた身体に、急速冷蔵はきつい。それが一日交替でやってくるのだから、たまったものではない。
寒いこの時期の強い味方?ショウガ。このところ、ショウガに関する本も多数出版されている。冷え対策として、私も、毎朝ショウガ紅茶を飲むようにしている。紅茶の中に、すりおろしたショウガを入れていただいていたのだけれど.....。ある本の中で、「すりおろしショウガは、身体の表面を温めるが、干したショウガは身体の内面から温めてくれる。」とあった。
Img_8283 そうなのか.....という訳で、干しショウガをつくってみた。(見た目、美しくはないけれど.....。)ショウガを薄くスライスして干すだけ。大皿いっぱいに広げて干しても、乾燥すると縮んで、ほんの少ししかできない。何だか随分損したような気分.....。
効果のほどは、まだよくわからない。ただ、一つ言えるのは、干すと味が凝縮するということ。ショウガの場合、辛みが強烈に出る。きっと、これが身体にいいんだろう.....と自分自身に言い聞かせながら、食しているところである。
干し野菜も密かにブームになっているそうな。ショウガと同様、味は濃くなりそうだけど、栄養学的にはどうなんだろう.....?
気まぐれなお天気に振りまわされて、お風邪をひかれませんよう.....。

|

« 羽根木公園散策 | トップページ | 秩父鉄道 »

自然療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 干しショウガ:

« 羽根木公園散策 | トップページ | 秩父鉄道 »